「タクミ・ミナミノ」がついにリバプール加入

スポンサーリンク
ザルツブルク時代の南野移籍

ここ1週間、南野のリバプール加入に関する報道が加熱しまくっていた。RBザルツブルグのスポーティング・ディレクターが故障中であることを公にしたと思ったら、瞬く間に交渉はまとまり、南野がメディカルチェックを受け、契約にサイン。正式加入が来年2020年1月1日になるが、すでにリバプールのユニフォームに袖を通す南野の姿が公開されており、FAカップ第3回戦エバートン戦が濃厚とされるデビューまで待ち遠しい。

アンフィールドで圧倒的なパフォーマンスを披露し、ファンから獲得待望論が飛び出すなど、世界中のリバプールファンを虜にした南野がリバプールの一員になるのは考え深い。というよりも、日本人がこの早さで加入するとは夢にも思っていなかったし、リバプールが獲得に乗り出すとは考えてもみなかった。

スカウティングも評価した実力

スカウティングチームを動かしたのは、ザルツブルグのホームで行われたアウェイ戦でも好パフォーマンスを見せたことと、契約解除金(移籍金)の破格の安さだろう。近年の移籍金のインフレは狂っている。アラブや中国など金満チームが金額を釣り上げるものだから、普通の選手でも破格の移籍金が必要になる時代である。

日本人ブランドを加えても市場相場の半額以下とも言われる南野の移籍金。獲得に動かずにはいられない。さらに噂ではファンダイクやヘンダーソンも獲得を助言したと言われており、才能の高さを伺わせる。もっと言えば、シャキリのパフォーマンスが上がらない事情も影響していると思う。

ポジションはどこになるのだろうか。適正だけを考えると、トップ下。フィルミーノを休ませたい時には、サラーをトップにして、左にマネ、中央に南野、右にアレックスを入れる布陣を発動できる。スリートップの左や右でもプレーはできるが、スピードは劣るため、シャキリが右ウイングに入った時のリバプールに近い形になる可能性がある。

チーム内でのライバル関係は?

直近でいえば、シャキリやアレックスがライバルになる。なかなかパフォーマンスの上がりきらないシャキリにとっては大きな脅威でありつつも、南野にとっては願っても無いチャンスである。日本人としては、フロントスリーの控えの一番手になって欲しい。いや、スタメンに割って入りたい。

ワイナルドゥムのポジションはどうだろうか。個人的には、南野の守備力は十分とは言えない。インテンシティと守備の強度、フィジカル、戦術理解….こういった要素を向上させないと、リバプール中盤に割って入るのは難しいか。

なんだかんだと述べてきたが、早くデビューが見たい。リバプールのユニフォームでプレーしている姿を1日でも早くみたい。これに尽きる。

タイトルとURLをコピーしました