ローンバックからたった17日で再ローン移籍 – ナサニエル・フィリップス

スポンサーリンク
拍手するフィリップスレンタル

シュトゥットガルトからローンバックで復帰していたナサニエル・フィリップスが、17日間在籍したのみで、シーズン終了までシュトゥットガルトにローン移籍が決定した。

そもそもマティップやロブレン、ファビーニョなどセンターバックもしくは守備的MFに怪我人が続出し、ファン・ダイクとゴメスだけになってしまったため、ローンを一旦中止し、呼び戻していた。事実、クラブワールドカップではヘンダーソンがCBで出場するめずらしい光景が見られた。

フィリップスは早速CB選手層の薄さをカバーさせる。2020年1月5日FAカップのエバートン戦でゴメスと共に守備陣を引っ張り、見事にクリーンシートを達成。前半こそエバートンの速さに戸惑っていたが、後半は堅実なプレーに終始し、主力を温存することに成功しただけでなく、次のラウンドへの進出へ貢献した。

負傷者が続々と復帰

離脱していたマティップが全体練習に復帰し、ロブレンとファビーニョが近く復帰予定。選手層に不安のあったCB2名の復帰が近づき、フィリップスはお役御免。出場機会の得られるシュトゥットガルトでふたたび武者修行の日々を送ることに。

ゴメスが復調し、4番手に降格したロブレンに移籍の噂がつきまとう近年。来シーズン、ナサニエル・フィリップスを4番手に据える選択肢もありえるかも知れない。

タイトルとURLをコピーしました