リバプールは有望株のポーランド人GKファビアン・ムローゼック獲得へ

スポンサーリンク
ファビアン・ムローゼック移籍

代理人を務めるSSM Agency代表のヤクブ・ シュラーゲはファビアン・ムローゼックがリバプールへ入団することを自身のインスタグラムで発表。FCヴロツワフ所属ムローゼック(15歳)は16歳になり次第、契約を結びアンフィールドへとやってくる。

ムローゼックはリバプールでのトライアルに参加し、コーチ陣に大きなインパクトを残したことで今回の移籍がまとまった。来週にはリバプールの担当者と彼の家族とのミーティングが予定されており、入団への準備が着々と進んでいる。

同じくポーランド人のカミル・グラバラやヤクブ・オイジンスキーが在籍しており、3人目のポーランド人として、そして奇しくも全員GKとして切磋琢磨する予定だ。かつてはチャンピオンズリーグ制覇にも貢献したイェジー・ドゥデクが在籍しており、リバプールとポーランド人GKとは深い繋がりがある。

将来を担う逸材として、すでにトップチームデビューを飾っているジョーンズやネコ、ハーヴェイ…他にもファン・デン・ベルフやフーフェルらと共に、アカデミーで技術を磨き、アンフィールドの舞台で躍動する日も近いのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました