リバプール若手GKクィービーン・ケレハーはローン移籍間近だった!?アイルランド代表ステファン・ケニー監督が真相を明かす

スポンサーリンク
Caoimhin Kelleher loan move falls代表

2015年リバプールアカデミーに加入して以来、カップ戦を中心にトップチームで出場機会を得てきたアイルランドU-21代表GKクィービーン・ケレハー。絶対的守護神アリソン・ベッカーが君臨し、ミスは多いが経験豊富なアドリアンがセカンドGKとして控える。そのため、カップ戦以外では出番がない日々が続いている。

そんなケレハーだが、今年の夏にオランダへの期限付き移籍が迫っていたようだ。21歳となり、成長にはトップチームでの試合出場が必須の年齢であることからも、本人は前向きだったと推測できる。しかし、アリソンの負傷により状況は一変する。アドリアンの控えとして残留し、ベンチに座ることとなる。

アイルランド代表ステファン・ケニー監督は、今夏のリバプールの判断に疑問を呈し、代表でも期待の若手GKに試合経験を積ませたい気持ちを吐露。エールディヴィジへのローン移籍がクィービーン・ケレハーに必要であると発言している。

「クィービーン・ケレハーはもっと試合経験を積むべきで、フル代表デビューの準備も出来ていると感じているよ。」

「彼はオランダへ期限付きで移籍する予定で、複数のクラブが獲得に興味を示していた。ただ、リバプールの第1GKが負傷してしまい、移籍は頓挫した。」

「本人もローン移籍に前向きだったし、プレーしたがっていた。アイルランド代表としても、その恩恵を受けられていただろうね。クラブワールドチャンピオンであるリバプールで出場機会を得るのは、非常に困難だ。」

「ケレハーはアイルランド代表でプレーできるレベルにはあるが、試合に出ていないのが問題だ。ローン移籍からは大きなメリットを得れたと思うけど、リバプールでプレーするのはほんとに難しいだろう。」

ここまでトップチームで4試合に出場しているケレハーだが、プレミアリーグでの出場はない。世界でもトップクラスのGKアリソンの牙城を崩すのは容易ではない。第2GKアドリアンとの契約は来年夏に切れるものの、別に経験のあるGKを獲得する可能性は否定できない。

アリソン・ベッカー後継者候補の獲得がまもなく完了 - ブラジルU17代表GKマルセロ・​ピタルガが加入目前
チアゴ・アルカンタラ獲得の噂やジョルジニオ・ワイナルドゥムとの契約延長問題と移籍報道には事欠かないリバプールだが、実際には獲得に至ったのはギリシャ代表DFコスタス・ツィミカスのみ。放出は動きがある一方、昨年に続き静かな移籍マーケットを過ご...

さらに、ブラジルから優秀な若手GKマルセロ・ピタルーガも加わり、守護神のポジションにおける競争は激化する一方である。カップ戦の出場でも圧倒的なパフォーマンスを披露するに至っておらず、早ければ今年の冬でのローン移籍が実現するだろう。

足下の技術やポジショニングなど至らない点も多いため、オランダであれ、出場機会を定期的に得られるクラブへの移籍が、本人の成長にとって必要不可欠である。経験値を積んで、いつの日かアイルランドNo.1GKになる日が来るのか…成長を見守っていきたい。

タイトルとURLをコピーしました