【まとめ】プレミアリーグ各クラブが60歳で亡くなったアルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏を追悼

スポンサーリンク
Diego...レジェンド

突然の悲しみが世界を駆け巡った。稀代のフットボーラーであるディエゴ・マラドーナ氏が、心不全のため、この世を去ったのだ。まだ60歳と若く、良くも悪くもメディアを賑わせ続けた偉大なサッカー選手がまた一人、天国へと旅立った。

1986年ワールドカップで母国アルゼンチンを優勝へと導き、「神の手」ゴールが話題を掻っ攫った。さらにはイングランド代表相手に7人をドリブルで抜き去り、ゴールを決めたシーンは若い年代にも語り草となっている。

世界最高の選手リオネル・メッシですら成し遂げていないワールドカップを母国にもたらし、クラブレベルでもナポリなどを中心に活躍し、アルゼンチンでは引退後も神格化され続けており、アルゼンチンは深い悲しみに打ちひしがれている。

能力以上に記憶に残る選手だったマラドーナだが、キャリアを終えてからは薬物依存やアルコール依存に苦しめられる。体型も現役時代の面影を残さず、アクションのすべてが注目の的になっていた。W杯ロシア大会ではアルゼンチン代表の劇的勝利に歓喜し、手すりから身を乗り出し、ニュースの一面を飾ったこともある。

プレミアリーグ各クラブもすぐさまSNSで「マラドーナの死」を伝え、尊敬の念を持って、サッカー界の英雄を弔った。

リバプール

マンチェスター・シティ

アーセナル

レスター・シティ

ウェストハム・ユナイテッド

トッテナム・ホットスパー

シェフィールド・ユナイテッド

リーズ・ユナイテッド

エバートン

フラム

バーンリー

ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ

クリスタル・パレス

アストン・ビラ

チェルシー

マンチェスター・ユナイテッド

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン

番外編 – エバートン監督カルロ・アンチェロッティ

ニューカッスル・ユナイテッドやサウサンプトン、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンは追悼ツイートを発表していないが、それぞれのクラブに、それぞれの運営方針があるため、理解しておきたい…

We Never Forget You!! 

REST IN PEACE…

タイトルとURLをコピーしました