働く男ジェームズ・ミルナー…ロックダウン期間だからこそ、本領発揮!

スポンサーリンク
ミルナーばんざい未分類

リーズ生まれの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーが、リバプールへと加入したのが、2015年。マンチェスター・シティからフリー移籍で加わったベテランは、クロップサッカーを象徴するかのように、豊富な運動量と球際の激しさでゲーゲンプレッシングを体現してきた。

アンディ・ロバートソンが入団するまでは、本職レフトバックであるアルベルト・モレーノが在籍していたものの、ミルナーが左サイドバックのレギュラーに定着。本職の中盤以外でもフル稼働をするミルナーは、今シーズンは右サイドバックでも安定したプレーを披露しており、負傷者続出のチームを支えている。

元々は前線のウィンガーを務めた選手だけに、もし前線の選手に万が一のことがあれば、3トップの一角を担うかも…ピッチで全力で働く男は、新型コロナでロックダウンになってしまったときには、家族のため、そしてファンのために、家でも働く男である。

昨年のイギリス国内でのロックダウン時には、石磨きや鉛筆削りにと大忙し。ふたたび感染者数が増加し、イギリスのボリス・ジョンソン首相がロックダウンの実施を発表すると、新たな動画を投稿し、サポーターを楽しませている。

過去分を振り返りながらも、最新版で鉄人ジェームズ・ミルナーが発表している内容にも注目だ!

Day 1

今週分のティーバッグを細心の注意を払って振り分けていく。毎日の紅茶を嗜むために、下準備を怠らない姿勢はまさに英国紳士そのもの。

ミルナーも愛用の紅茶『Yorkshire Tea』

公式サイトはこちら:https://www.yorkshiretea.co.uk/

Day 2

かわいらしい定規を使って、芝生の長さを切り整える。あの角度から揃っているかを確認するのは一般人には難しそうだが、そこは百戦錬磨のミルナー。高度な空間認識力で、見事なまでに芝の長さが調整されていく。

Day 3

コロナの影響で学校にいけない子供たちのために、鉛筆を削りまくる心優しきパパ。削った鉛筆を丁寧かつ慎重に整える姿勢から、ミルナーが持つ几帳面さが窺い知れる。

Day 4

ミルナーが考える、ベストイレブン。無音で見てしまうと、なんのこっちゃわからないとトリッキーさ。それぞれの道具の名前と選手名を掛けて、メンバーを選出。音もちゃっかり聞いてもらう、新たな手法を生み出した。

Day 5 

庭の石を丁寧に磨く。身だしなみだけでなく、家もきれいを保つ秘訣は足下から。ミルナーを見習って、石をひとつずつ艶々にしてみては?

Day 6

リーグ再開に向けた練習でも、ロバートソンを気遣う兄貴っぷり。

新作|音楽チャート・トップ10

世界的ロックバンド『ザ・ローリング・ストーンズ』は惜しくも…2位。ミルナーチャートで見事に1位を獲得したのは…?

タイトルとURLをコピーしました