元マンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーも大絶賛!ダービー・カウンティ注目株のカイデ・ゴードンがリバプール加入直近か?

スポンサーリンク
Kaide Gordon is heading to Liverpool?未分類

アカデミーの充実を図っているリバプールは、下部組織で育った選手を登用する他、イングランドやヨーロッパ各国から有望株を獲得している。直近では、チャンピオンシップで下位に沈むバーミンガム・シティから15歳左サイドバックであるカラム・スキャロンを獲得。またセルタ・デ・ビーゴから16歳DFステファン・バシェティッチも補強している。

そして、リバプールは新たなる期待のホープの獲得を画策している。報道によれば、すでにダービー・カウンティとの交渉が行われており、アンフィールドへの移籍が目前に迫っているのが、16歳になったイングランド人MFカイデ・ゴードン。

利き足の左足から、パワフルなシュートやパスを繰り出せる。加えて、繊細なタッチも兼ね備えており、巧みなタッチで相手を躱す能力を有している。ウイングや中盤を主戦場とし、得点やチャンスメイクの両方で力を発揮できる選手。トッテナム・ホットスパーなど強豪クラブがこぞって注目しており、ポテンシャルの高さが多くのクラブが認める逸材だ。

現時点では、100万ポンド(約1.4億円)でのオファーを提示しており、財政難に苦しむダービー・カウンティは放出に前向きの模様。またカイデ・ゴードン本人が、リバプール移籍を決断した際には、移籍金が300万ポンド(約4.2億円)になる可能性を秘める契約内容になる見込みとのこと。

昨年末にはトップチームデビューも果たした期待の若手には、指揮官を務めるウェイン・ルーニーも大絶賛しており、放出には苦言を呈したものの、クラブ状況から放出もやむなしと捉えているようだ。

「ゴードンは素晴らしい選手で、多くの才能を秘めているよ。」

「彼はアカデミー出身で、まだ16歳。改善すべきことはたくさんあり、現在は最も適したクラブに所属している。」

「もちろん、ゴードンは優れた選手なだけに、彼への関心があることは理解している。おそらく、オファーが届くだろう。」

「このフットボールクラブでの出来事はコントロールできるけど、他のクラブが具体的なオファーを提示してきたら、私たちは何もできないよ。」

アリソン・ベッカー獲得以降は、とくに若手への投資が目立つリバプール。加えて、積極的に若手選手をトップチームでプレーさせており、未来へのチーム作りの真っ只中。主力組が30歳前後になり、世代交代が数年後に必要となる。出場機会を得ているカーティス・ジョーンズら含め、現時点でアカデミーで力を身に付けている将来のスター選手の台頭を待ち望んでいる。

そのひとりとして、カイデ・ゴードンがアンフィールドで躍動する姿を心待ちにしている…

タイトルとURLをコピーしました