リバプール率いるユルゲン・クロップ監督は、チャンピオンズリーグ出場可能なリーグ4位フィニッシュに否定的!?

スポンサーリンク
Jurgen Klopp denies the chance to finish within 4th in Premier League試合

ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズとの接戦を制し、勝ち点3をもぎ取ったリバプール。クリスマス以降のプレミアリーグにおいて4度目の勝利を手に入れ、4位以内に希望を灯せたように見えた。好調チェルシーとの勝ち点差5を保っており、連勝すれば一気に順位表を駆け上がれる位置には付けている。

それでも、ユルゲン・クロップ監督は異なる意見を持っているようだ。『Bild』とのインタビューに応じたクロップ監督は、チャンピオンズリーグ出場権の確保は困難なタスクであり、最終的に4位以内でシーズンを終えることに対して、否定的な見解を示した。

「楽観的でいたいけど、プレミアリーグでのチャンピオンズリーグ出場権の獲得は、現在の順位を考えると、ほぼ不可能だろう。」

「トッテナムには、ガレス・ベイルが戻ってきており、好調を維持している。マンチェスター・シティやユナイテッドはだいぶ先にいる。」

「チェルシーは生まれ変わった。リーグ順位に応じたチャンピオンズリーグ出場権の確保は難しい。」

年明けから、まさかの低調なパフォーマンスに終始し、ホームでは泥沼の6連敗中。主力を欠く中で、前半戦はなんとか耐えた印象だが、後半戦にガタがきた。ファビーニョだけでなく、ジョーダン・ヘンダーソンまでもがセンターバックに吸収される展開に、安定感のなさが目立ち、本来の姿を見せられずにいる。

チャンピオンズリーグでは順調にベスト8進出を決めており、ヨーロッパの舞台では好調を継続しており、このままの勢いで優勝まで駆け上がってもらいたい。むしろ、プレミアリーグでの4位フィニッシュよりも、可能性は高いのかもしれない。

とはいえ、まだ勝ち点差は混戦状態。3連勝でもできれば、一気に順位がジャンプアップする確率が高い。マンチェスター・ユナイテッドやレスター・シティも今後連敗をしてしまった場合には、簡単に追いつかれる。それほどに拮抗した状態のプレミアリーグだけに、最後の最後まで順位争いは見逃せない…

タイトルとURLをコピーしました