ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズDFキ=ヤナ・フーフェルがリバプール退団について…真相を明かす!

スポンサーリンク
Ki-Jana Hoever reveals his decision behind leaving Liverpool未分類

アヤックスで名を馳せ、順調な成長を遂げたオランダU-18代表DFキ=ヤナ・フーフェルが、リバプールに加入したのが2019年。以来、リバプールU-23を中心に、カップ戦などではトップチームで出場機会を得ることも。若さを感じさせない落ち着きやボール扱いで将来を嘱望され、計4試合に出場。カラバオ・カップでは1ゴールを挙げるなど、今季はさらに試合数を伸ばすと思われた。

しかし、リバプールでの生活は長く続かなかった。昨年の夏にウルヴァーハンプトン・ワンダラーズからディオゴ・ジョッタを獲得した際に、入れ替わる形でウルブズに完全移籍。980万ユーロ(約12.7億円)という移籍金を残して、アンフィールドを去った。負傷者続出の中、センターバックも兼務できるフーフェルだけに、仮に残留していたらと”たられば”がソーシャルメディアを賑わすほど。

『GOAL』とのインタビューで移籍の裏側を明かしたキ=ヤナ・フーフェルだが、リバプールほどのビッグクラブで出番が制限されること、逆にウルヴァーハンプトン・ワンダラーズではさらなる試合数を増やせるという期待が、完全移籍へと繋がったと吐露した。

「簡単な決断ではなかったけど、難しすぎる決断でもなかった。」

「リバプールにいるよりもプレー時間が増えると確信したから、移籍を決断した。あの時点では、僕のキャリアにとってベストな選択だと思ったんだ。」

「確かにリバプールでは負傷者が続出している。でも、誰にも予測できないし、そういった話ではない。もし全員が万全の状態だったら、どれほどのゲームタイムを得られるだろうか?と考えたんだ。」

「リバプールは素晴らしいチームで、世界の中でも最高の守備陣を有しているかもしれない。だからこそ、そこに食い込むのは非常に困難だった。」

「正しい選択だったし、トップチームの一員として競争できている。基本的には期待していたことだけど、もっと出来ると思っている。いまのところは、良い1年目を過ごしているよ。」

ウルブズでは年明け頃から徐々にプレー時間を確保し始め、リーグ戦ではここまで9試合に出場。まだまだ満足のいく出場時間ではないはずだが、チームには馴染んでいる。プレミアリーグレベルにも慣れ、チーム戦術に慣れてくる来シーズンには、さらなる出場機会を得るだろう。

ポテンシャルは抜群。フィジカルバトルやプレー選択の早さを身に付けられれば、チーム内でポジション争いを繰り広げるポルトガル代表DFネルソン・セメドとの能力差も縮まる。まだ19歳であり、世界的な右サイドバックに成長するための助走期間。2年後くらいには、プレミアリーグでも屈指のディフェンダーとして、スタメンの座をガッチリ確保している可能性もある…

タイトルとURLをコピーしました