リバプール若手MFレイトン・クラークソンにチャンピオンシップへローン移籍の噂か?

スポンサーリンク
Black Rovers is ready to offer Leighton Clarkson with a season loanレンタル

元スペイン代表シャビ・アロンソになぞらえ表現され、ジョーダン・ヘンダーソンの後継者に名前があがる若手MFレイトン・クラークソン。大きな期待をかけられているクリザーロー出身ミッドフィルダーは、トップチームの壁の厚さに阻まれ、ここまで3試合の出場に留まっている。

無尽蔵のスタミナと優れたテクニックで中盤を牽引するジョーダン・ヘンダーソンの後継者レイトン・クラークソン
7歳からリバプールアカデミーで育ち、最近長期契約にサインしたレイトン・クラークソン。幼少期は地元ブラックバーンのクリザロー・ウルブズでプレーを重ね、リバプールとマンチェスター・ユナイテッドでのトレーニングに参加した上で、リバプールを選択し...

2歳年下のハーヴェイ・エリオットは昨シーズン、チャンピオンシップへとローン移籍。得点とアシストともに見事な数字を残し、キャリアを飛躍的に成長させた。イングランドU-17代表FWが在籍したブラックバーン・ローヴァーズが2シーズン連続でリバプールからのレンタルを画策している。

『Lancashire Telegraph』によると、ブラックバーン・ローヴァーズは将来が嘱望される守備的ミッドフィルダーであるレイトン・クラークソンに関心を抱いており、1年間のローン移籍の打診を準備している。

ジョルジニオ・ワイナルドゥムの退団で中盤の枚数は減り、ナビ・ケイタやアレックス・オックスレイド=チェンバレンらがコンディション調整に苦しむ一方で、カーティス・ジョーンズの台頭とチアゴ・アルカンタラの加入で陣容は整っている。新たなミッドフィルダー獲得の噂も絶えず、依然としてポジション争いは熾烈を極める。

カップ戦ですら出場機会を得られるか危うい状況において、リバプールにとってレンタルでの貸し出しは理に叶っている。エリオットの件もあり、クラブ間の相性は抜群であり、移籍先としては安心できるクラブと言えるだろう。

ブラックバーンでないにしろ、チャンピオンシップへのシーズン・ローンは間違いなくプラスに働くはずだ。ファーストチームでの試合出場が必須な年齢に差し掛かっており、監督の信頼と出番が約束されたクラブ探しがリバプールに残された残された課題。

ローン移籍は既定路線にも思えるが、はたして適切なクラブは見つかるのだろうか…

タイトルとURLをコピーしました