フラムとブレントフォードが、ウェールズ代表FWハリー・ウィルソン獲得競争に参戦か!?

スポンサーリンク
Fulham and Brentford are the clubs aiming for a deal for Harry Wilsonチーム

昨シーズンはカーディフ・シティで過ごし、チャンピオンシップにおいて37試合7ゴール12アシストと素晴らしい結果を残した。昨年夏にも完全移籍に迫ったウェールズ代表FWハリー・ウィルソンは、24歳となった今夏の移籍市場でついにチームを離れることになりそうだ。

EURO2020にもウェールズ代表の一員として参加したものの、ベスト16・デンマーク戦で一発レッドカードを受けるなど散々な大会となってしまった。ウェールズを代表する選手になるべく、さらなる飛躍を目指す同選手もまた移籍を望んでいると言われている。

『Goal』によると、ロンドンを拠点とするフラムとブレントフォードが注意深く選手の動向を追っており、リバプール側も売却に前向きなウェールズ代表FWの獲得に向けて、正式なオファーがまもなく提示されるかもしれない。

昨シーズン在籍したカーディフ・シティも獲得レースに加わっていると伝わっており、プレミアリーグで言えばリーズ・ユナイテッドからの関心も報道されており、移籍先の候補には事欠かない。

プレミアリーグからの降格が決定しているフラムは、1年でのトップリーグ復帰を目指しており、戦力強化を進めている。スコット・パーカー監督が退任し、かつてワトフォードなどを率いていたマルコ・シウバ監督が就任し、生まれ変わったクラブは新たなスタートを切る。

ブレントフォードはプレーオフを制し、初めてのプレミアリーグ昇格を決めた。1シーズンでの降格を避け、定着できるチーム作りを目論む同クラブはボーンマスなどでプレミアリーグでのプレー経験もあるリバプールFWに熱視線を注いでいる。

アンフィールドではフロントスリーの厚い壁に阻まれ続け、居場所を追われた。過去数シーズンはローン移籍を繰り返しており、そろそろ腰を落ち着けてプレーできるクラブへ移籍したい。噂に上がっているクラブであれば、どのチームでも主力として活躍できそう。

個人的にはプレミアリーグに新たな風を吹き込むブレントフォードで躍動するFWハリー・ウィルソンを拝みたいが、どのクラブへ移籍するにしても応援し続けたい…

タイトルとURLをコピーしました