リバプールがウルブズFWアダマ・トラオレ獲得に向けてクラブに接触か!?

スポンサーリンク
Liverpool make an approach for Wolves star Adama Traore?移籍

筋骨隆々の肉体に加えて、切れ味の鋭い俊敏性を兼ね備え、相手ディフェンダー陣をきりきり舞いにするスペイン代表FWアダマ・トラオレ。2019/20シーズンにプレミアリーグで大ブレークを果たし、リーグ戦37試合4ゴール9アシストを記録。

昨シーズンこそ異例な日程の影響を受けたのか、切れ味は鳴りを潜め、1年限りの活躍にも思えたものの、後半戦から自慢のスピードで得点とアシストを重ねていった。EURO2020ではベスト4に勝ち進んだスペイン代表の一員として参加しており、実力は母国でも高い評価を得ている。

かねてからリバプールの関心が伝えられていた同選手に対して、ふたたび興味具合が高まっている。『Football Insider』によると、リバプールはウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFWの獲得可能性について、クラブに接触したようだ。

前線強化を狙う一昨シーズンのプレミアリーグ王者は、キングスレイ・コマン(バイエルン・ミュンヘン)やドゥシャン・ヴラホヴィッチ(フィオレンティーナ)らフォワード陣との関係性が噂されており、様々な選手の動向を追っている。

昨年10月にはウルブズとの契約延長に近づいたスペイン代表FWだが、交渉は暗礁に乗り上げており、残る契約期間は2年。2023年6月末には契約満了となるウインガーの放出に応じる構えを見せており、移籍金次第では来シーズンは新天地でプレーする可能性がある。

ウイングバックとしても起用可能なアダマ・トラオレは、スターティングイレブンにも、途中投入するジョーカー的な役割においても魅力的なプレーヤーであることは間違いない。ユルゲン・クロップ監督のお気に入り選手とも言われる同選手は、アンフィールドでキレッキレのドリブル突破を披露することになるのだろうか…

タイトルとURLをコピーしました