リバプールとユベントスが熱視線…ラツィオMFセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチの去就に注目!?

スポンサーリンク
LIVERPOOL, JUVENTUS INTERESTED IN MILINKOVIC-SAVIC移籍

オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがチームを去り、後継者探しを続けるリバプール。カーティス・ジョーンズの台頭で新たなミッドフィルダー不要説も飛び交うなか、新たな中盤選手の獲得の噂は絶えない。

ユーリ・ティーレマンス(レスター・シティ)やフロリアン・ノイハウス(ボルシアMG)、イヴ・ビスマ(ブライトン)など各国リーグから様々なプレーヤーの名前が候補に挙がっては消えている。そんななかで、リバプールが新しい選手に関心を示しているという報道が出てきた。

『Il Messaggero』によれば、ラツィオに所属しているセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチの新天地候補として、リバプールが急浮上している。すでに代理人への接触も準備している一方で、アーロン・ラムジー退団に備えてユベントスも獲得に乗り出しており、熾烈な獲得レースが繰り広げられる。

恵まれた体躯で、空中戦で強さを発揮する。パス能力やロングシュートにも定評があり、スルーパスで決定機の演出もお手のモノ。守備面でも強みを出せるラツィオMFは、今シーズン41試合8ゴール11アシストを記録しており、数値的にも高い評価に値する。

かねてよりプレミアリーグ移籍が取り沙汰されていた同選手には、昨年マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が報道されていた。選手本人としても、さらなるステップアップを望み、ビッグクラブへの移籍を正式に志願するかもしれない。

リバプール率いるユルゲン・クロップ監督はセルビア代表MFの獲得を熱望していると言われており、ワイナルドゥムが抜けたチームにおいてもチアゴ・アルカンタラやナビ・ケイタ、アレックス・オックスレイド=チェンバレンらとの特徴と異なる強みは、面白いオプションになり得る。

ただ、より攻撃センスに特長を持つ選手だけに、クラブが求める能力値に合致しているとは言い難い。豊富な運動量やプレッシング能力、粘り強いディフェンスで貢献できる選手が少ないリバプールにおいては、もっと中盤での守備を強化してくれるような人材を確保したい。

セルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチ含め、多くのプレーヤーたちとの関係が日々報じられているため、どれだけが本当のことかは定かではない。だからこそ面白く、激しいスピードで動き続ける移籍市場には大きな注目が集まる…

タイトルとURLをコピーしました