元リバプールFWルイス・ガルシアが、フロントスリー『復活』を予見

スポンサーリンク
Luis Garcia makes prediction about Liverpool FC’s front threeレジェンド

かつてリバプールで活躍した元スペイン代表FWルイス・ガルシア。ACミランを大逆転で破った『イスタンブールの奇跡』を呼び起こしたメンバーであり、決勝進出に大きく貢献したお祭り男。準々決勝のユベントス戦では綺麗なボレーシュートを決めると、準決勝ではチェルシーを敗退に追いやる値千金のゴールを奪った。

昨シーズンのリバプールは負傷者に悩まされ、センターバックは危機的状況に陥った。新型コロナの影響もあり、精神面でもストレスを抱えた選手たちは本来のパフォーマンスを発揮できずにシーズンを終えた。

モハメド・サラーは通常通りの得点力を発揮し、トッテナムFWハリー・ケインと得点王争いを演じた。ただし、ドリブル突破や動きではやや重さが見れたのは事実。同じくフロントスリーを担うロベルト・フィルミーノとサディオ・マネが身体の重さが直接数字にも現れてしまった。

元々得点を量産するタイプではないブラジル代表FWは、一時期ゴールを奪えず批評され続けたが、前線での存在感は申し分なかった。一方で、セネガル代表キャプテンは3選手の中でもっとも顕著に不調だったと言わざるを得ない。

後半戦で盛り返したものの、35試合11ゴール8アシストと得点数では若干物足りなさを覚える。献身性こそ通常営業であったが、ゴール前では枠を外すことも多く、いつもの迫力を感じない場面も多々あった。

本来の姿とは程遠いパフォーマンスに終始してしまったフロントスリーだが、元リバプールFWルイス・ガルシアは今シーズンこそはふたたび躍動するサラー、マネ、フィルミーノを見れると、『ESPN』とのインタビューで強調している。

「得点について、マネはベストな状態ではなかったが、サラーはそれでも真価を見せつけた。フィルミーノは少し物足りなかった。」

「今シーズンはジョッタや南野も得点シーンでもっと貢献してくれるはずだし、他にも選手は控えている。」

「フロントスリーは問題ないだろう。プレシーズンをしっかりとこなせば、得点力を取り戻してくれと思うよ。」

サポーターにとっては、力強く嬉しいコメントを残してくれたリバプール・レジェンド。プレミアリーグのディフェンス陣を恐怖に陥れてきた最強フロントスリーが、前と同じように抜群のコンビネーションでゴールを量産するシーズンが待ち受けている…のだろうか…?

タイトルとURLをコピーしました