元リバプール主将が、レスター・シティMFユーリ・ティーレマンス獲得をいまだ熱望

スポンサーリンク
Former Liverpool captain still keen on Leicester City midfielder Youri Tielemans未分類

ジョルジニオ・ワイナルドゥムが退団したリバプールは、代役となり得る選手を探し求めてきた。レナト・サンチェス(リール)やフロリアン・ノイハウス(ボルシア・メンヒェングラートバッハ)ら数多くの候補が報じられ続けてきた。

フランスU-21代表DFイブラヒマ・コナテ獲得を早めに決断し、その後ハリー・ウィルソンやマルコ・グルイッチらの売却で補填をしている。新たに選手を獲得するためには、まず売却益を上げなければいけない同クラブは、現在シェルダン・シャキリやディボク・オリギ退団の準備を進めている。

よって、多額の移籍金を要する代役探しは頓挫している状況。中でもサポーターを歓喜させたのが、EURO2020前に報道されたレスター・シティMFユーリ・ティーレマンスへの関心。ただし、移籍金は4000万ポンド(約56億円)とも伝えられており、財政難に苦しむリバプールに捻出は難しい。

最近では噂すら立たなくなったベルギー代表MFへの興味だが、プレミアリーグで評価を高め続ける同選手の移籍を望む声は少なくない。元リバプールで、キャプテンを務めた経験もあるジェイミー・レドナップは、『The Daily Mail』に寄稿し、ライバルからベルギー代表MFの獲得を熱望している。

「リバプールが中盤の補強をしなかったことに驚いた。ただ、ジェームズ・ミルナーはピーター・パンのように歳を取らず、ジョーダン・ヘンダーソンがシーズンを通して活躍できることを願っている。」

「さらには、ファビーニョとチアゴがいる。それでも、ユーリ・ティーレマンスのような選手を補強できていれば最高だっただろうね。」

プレミアリーグでは88試合12ゴールを決めているミッドフィルダーだが、この夏での移籍はなさそうだ。ただし、移籍市場はまだ閉幕しておらず、締め切りまで何が起こるかはわからない。

はたして、リバプール・レジェンドが望むような展開が今後の数週間で待ち受けているのだろうか…?

タイトルとURLをコピーしました