今シーズンを占う大一番…チェルシー戦でのスタメン予想!

スポンサーリンク
Liverpool starting eleven vs Chelsea: Predicted lineup試合

プレミアリーグ第3節チェルシー戦(日本時間 8月29日(日)1時30分 キックオフ)は今シーズン開始早々のビッグマッチ。2連勝を飾っているチーム同士の対戦は、ファンの大歓声が戻り、ふたたび要塞と化したアンフィールドで雌雄を決する。

前節バーンリー戦も数多くのサポーターが詰めかけたホームスタジアムで気持ちのこもったプレーを終始見せたリバプール。昨シーズンのチャンピオンズリーグ優勝クラブ相手にさらにギアを上げて、2年連続で大型補強を進めるライバルに初黒星を付けたい。

父親の死でチームを離れていたリバプールMFファビーニョが復帰。アンディ・ロバートソンは足首の負傷から素早い回復を見せ、前の試合ではベンチ入りを果たし、今節では先発復帰を狙う。ジョーダン・ヘンダーソンやチアゴも試合で存在感を示しており、ベストメンバーで強力なチェルシーを迎え撃つ。

GK:アリソン・ベッカー

2戦連続で出番こそ少なかったが、決定機では最後の最後まで集中力を切らさずに対応し、無失点試合を続ける。すべての面で高い能力を有するブラジル代表GKを外す選択肢は考えられず、チェルシーが誇る攻撃陣から3戦連続となるクリーンシートを達成してもらいたい。

RSB:トレント・アレクサンダー=アーノルド

前節では中盤まで入り込み、巧みなパスで相手ディフェンスを翻弄し、チーム2得点目となるサディオ・マネのゴールを演出してみせたイングランド代表DF。攻撃面では多彩さが増し、守備やフィジカル面でも飛躍的に成長している右サイドバックは変えられない。

CB:ジョエル・マティプ

バーンリー戦では空中戦に強く、当たり負けしないフォワード陣と対等に渡り合い、相手の強みを消し続けた。オランダ代表とのコンビは安定感抜群で、今節では野獣ロメル・ルカクに自由を与えない。ジョー・ゴメスとイブラヒマ・コナテはまだベンチが続きそうだ。

CB:フィルジル・ファンダイク

ディフェンス面での安定もさることながら、前節は2点目の起点となる正確なロングフィードをハーヴェイ・エリオットに供給。ルカクを筆頭に多種多様なフォワードを要するチェルシー相手にも、守備陣をまとめ上げ、最後ラインから相手ディフェンスにプレッシャーをかける。

LSB:アンディ・ロバートソン

前節ベンチ入りしており、出場自体は問題ないが、コンディションが戻りきっているかが気がかり。代わりに出場していたコスタス・ツィミカスが好パフォーマンスを維持しているためチャンスを与えたいが、経験値を優先し、スコットランド代表DFをチョイス。

DMF:ファビーニョ

プレミアリーグを代表する守備的MFが、今シーズン初スタメンに名前を連ねると予想。実力は折り紙付きで、コパ・アメリカの影響ももうない。屈指のボール奪取能力はチェルシーを苦しめる。父親の死を乗り越え、力強いプレーを見せてくれるだろう。

CMF:ナビ・ケイタ

2戦連続で献身的なプレーでチームを支えるギニア代表MF。目立ったプレーこそ少ないが、安定したパフォーマンスでバランスを整える。豊富な運動量と巧みなドリブル突破を武器に、今節こそは攻撃面で印象的なプレーを披露したい。

CMF:ジョーダン・ヘンダーソン

前節でスタメン復帰したキャプテンは、流石のプレー内容で無失点に貢献しながらも、長短のパスでチームにリズムをもたらした。精神力が問われる大一番では、イングランド代表MFが持つ強烈なキャプテンシーは欠かせない。

RWG:モハメド・サラー

2試合連続ゴールとはならなかったが、試合中ずっと相手の脅威になり続けたエジプト代表FW。得点まであと一歩と惜しいシーンもあり、良い状態をキープしている。欲しい時にゴールを決め切れる点取屋は、チェルシー相手に均衡を破るゴールを狙う。

LWG:サディオ・マネ

待望の初得点を挙げた前節。終始動きがよく、昨シーズンの不調を感じさせない。持ち前の献身性でディフェンスにも貢献するセネガル代表FWは、虎視淡々とゴールチャンスを伺う。アンディ・ロバートソンと仲の良いナビ・ケイタとのコンビネーションでディフェンスラインを崩してくれるはずだ。

CF:ディオゴ・ジョッタ

見事な動きでマークを外し、コスタス・ツィミカスのピンポイントクロスに合わせたポルトガル代表FWは、2戦連続弾をヘディングで決めている。得点感覚は衰えず好調を保っているだけに、ロベルト・フィルミーノにはもう少しベンチを温めてもらうことになりそう。


あくまで予想であり、個々人でそれぞれの見方があるから面白い。それぞれの先発を妄想しながらも、ホームでの重要なゲームに勝利してくれると信じている…

タイトルとURLをコピーしました