レンジャーズに退団要請?スティーブン・ジェラード監督のアストン・ヴィラ指揮官就任に動きあり

スポンサーリンク
Asked Rangers to leave? Steven Gerrard's move to take charge of Aston Villa is approaching未分類

2018年からチームを指揮したディーン・スミス前監督を解任したアストン・ヴィラ。監督の後任人事には注目が集まっており、ロベルト・マルティネス現ベルギー代表監督やカスパー・ヒュルマンド現デンマーク代表監督、パウロ・フォンセカ元ローマ監督らがリストアップされている。

中でも、同クラブのチーフ・エグゼクティブであるクリスチャン・パースローと良好な関係を保つスティーブン・ジェラード現レンジャーズ監督が候補の筆頭とも。昨シーズンにはスコティッシュ・プレミアシップで無敗優勝を成し遂げ、監督としての評価はうなぎのぼり。今季も1敗を喫したのみで、首位を走っている。

ニューカッスル・ユナイテッドに続き、アストン・ビラがスティーブン・ジェラード監督をリストアップ
一昨シーズン前の残留争いから復調し、昨シーズンは一時期上位に食い込むパフォーマンスを見せたアストン・ビラ。最終的には11位でシーズンを終えたが、今季はさらなる上位を目指し、積極補強を敢行した。イングランド代表MFジャック・グリーリ...

そんな状況において、スティーブン・ジェラードのアストン・ヴィラ監督就任に動きがあった。『Football Insider』によると、元リバプールMFはプレミアリーグのクラブを率いるために、レンジャーズに対して退団の旨を伝える用意をしている。

2018年にレンジャーズ監督に就任して以来、チームを再建した手腕によって、有望な若手監督の仲間入りを果たしている。同監督はアストン・ヴィラを指揮することを熱望しており、話し合いの機会を持つことを希望しているようだ。

2024年にはユルゲン・クロップ監督の勇退に伴い、リバプール監督就任が噂される元イングランド代表MFにとって、世界的にも強豪クラブを指揮する前にイングランド・サッカーでの経験値を高めるためにも絶好の機会と言えよう。

ニューカッスル・ユナイテッドが興味を抱いていたときよりも、日に日に現実味を帯びてくるリバプール・レジェンドのアストン・ヴィラ監督就任。若き指揮官はどういった決断を下すのか、ここ数日間の動きから目が離せない…

タイトルとURLをコピーしました