リバプールはさらなる若手投資を推し進める? – オリンピアコスMFアギブ・カマラに引き続き関心か

スポンサーリンク
Liverpool pushing for more young investment? - Continued interest in Olympiacos midfielder Aghib Kamara?移籍

リバプールが推進する若手投資は引き続き継続か。アカデミー・レベルではカイデ・ゴードンやマテウス・ムジアロウスキー、ボビー・クラークら将来有望な若きタレントを立て続けに獲得し、アカデミーで順調な成長を見せている。

RBライプツィヒからは22歳センターバックである元フランスU-21代表DFイブラヒマ・コナテを獲得。ハーヴェイ・エリオットも3年前にフラムから獲得しており、いまでは貴重なファーストチームの一員となっている。

次世代リバプールを担う逸材を補強し続けているが、以前から噂に挙がっていたオリンピアコスMFアギブ・カマラに対して継続的に関心を持っているようだ。ナビ・ケイタとはギニア代表で先輩後輩関係にあり、両者ともアフリカネイションズカップに出場していた。

フロントスリーの後釜 + ミッドフィルダーの補強ターゲットとして、オリンピアコスMFアギブ・カマラが急浮上?
カリム・アデイェミ(RBザルツブルグ)やジェレミー・ドク(リール)など数多くのフォワードやウインガーへの関心が報じられるリバプール。モハメド・サラーやサディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノらの後任探しが注目されて久しい。30歳前後...

トップ下や左右のウイングを主戦場にする同選手だが、リバプールは複数回にわたりスカウティングを行っている。オリンピアコスのチーム事情に詳しい “ジャーナリスト” ノティス・チャラリスによれば、ACミランも含めてギニア代表MFが獲得候補として留まっている。

「アギブ・カマラは無から有を生み出すことができる選手のひとり。並外れた才能を持ち、チームに大きな違いをもたらす。だからこそ、リバプールやミランといったビッグチームが彼を好んでいる。」

Tutto Mercato Web

移籍金2000万ポンド(約28億円)とも言われており、今シーズンは30試合6ゴール5アシストを記録している。ギニア代表でも13試合で出番を得ており、しっかりと経験値を積んできている。

ただし、リバプールの最優先ターゲットは、フラムMFファビオ・カルヴァーリョ。同じくトップ下を主戦場とする若きイングランドU-18代表MFは、この冬の移籍市場において、リバプール移籍に近づいていた。

フラムとリバプールはその後も話し合いを続けており、交渉成立も時間の問題。補償金よりも高い移籍金を得たいフラムに対して、リバプールは他のクラブが触手を伸ばす前に、今季終了後に契約満了となる同選手をアンフィールドに迎え入れたい。

そのため、オリンピアコスMFアギブ・カマラがリバプールにやってくる可能性は限りなく低い。もしもフラムMFを逃した場合には動くかもしれないが、現時点では交渉自体は楽観視されており、決裂にはならないだろう。

はたして、20歳のギニア代表ミッドフィルダーは今夏にも新天地へと旅立つ可能性はあるのだろうか…?

タイトルとURLをコピーしました