“今夏の人気銘柄” モナコMFオーレリアン・チュアメニ獲得レースに、リバプールも参戦か

スポンサーリンク
Liverpool are also in the race for Monaco midfielder Aurélien Tchouameni, "the favourite this summer"移籍

キリアン・エムバペやベルナルド・シルバ、ハメス・ロドリゲス、ファビーニョらスーパースターを生み出してきたASモナコでプレーするMFオーレリアン・チュアメニは印象的なパフォーマンスを連発し、ヨーロッパ中のビッグクラブがこぞって関心を寄せている。

2021年9月にはフランス代表デビューも飾った22歳の若きミッドフィルダーは、チェルシー移籍などがかねてより報じられており、マーケットが開くたびに移籍報道が過熱してきたが、2022年の夏についに旅立ちの時を迎えそうだ。

『talkSPORT』によれば、パリ・サンジェルマンやマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリード、チェルシーに加えて、リバプールも争奪戦に参戦している。中盤であればどのポジションでもこなせる器用なフランス代表MFは、まさに人気銘柄だ。

今シーズンにおいてはここまで27試合に出場し、モナコには欠かせない選手となっており、故に移籍金が高額になると予想されており、それなりの金額が移籍を通じて動くことになるだろう。リバプールに捻出できるかは不透明だが、昨季から追い求めるオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムの後継者としてピッタリな逸材。

フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督は、同国代表で絶対的な存在であるマンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバとの能力値の違いを語りつつ、代表チームにおいても重要な役割を担っている。さらには、今冬のカタールW杯では中心人物になる可能性すら秘めている。

「(オーレリアン・)チュアメニはリカバリーの激しさにおいて、(ポール・)ポグバのそれより優れた能力を持っている。」

「バランスを取ることは良いことで、(ポール・)ポグバは常に前に出ようとする傾向がある。彼らを縦に並べることによって、システムは機能した。」

さらには、かつてクロアチア代表やバイエルン・ミュンヘンを率い、2021年ギリギリまでASモナコで指揮したニコ・コヴァチ監督は、同選手の能力だけじゃなく、その姿勢も絶賛しており、最高のミッドフィルダーであると明言している。

「彼は素晴らしい進歩を遂げた選手だ。」

「言われたことによく耳を傾け、トレーニングのたびに学び、向上しようとしている。」

「とても謙虚な人間で、何が良くて何が悪かったのか、毎日もっと学ぼうとビデオセッションに取り組んでいる。」

「僕にとって、彼はすでに現在のリーグ1で最高のミッドフィルダーなんだ。」

日々進化し続け、フランス代表でも存在感を増しつつあるオーレリアン・チュアメニは、今夏の移籍市場でステップアップを遂げるのだろうか…?

タイトルとURLをコピーしました