チェルシーとの大一番を前に、リバプールDFフィルジル・ファンダイクが語るFAカップ決勝の難しさとは!?

スポンサーリンク
Ahead of the big game against Chelsea, Liverpool defender Virgil van Dijk talks about the difficulties of an FA Cup final未分類

カラバオカップ決勝と同じカードで、FAカップ決勝が今週末に開催される。5月15日0時45分(日本時間)にキックオフされるイングランドを代表する強豪同士の対戦には、イギリス国内だけじゃなく、世界中から多くの視線が集まる。

カラバオカップではチェルシーを下し、優勝トロフィーを掲げたリバプール。今季はプレミアリーグでマンチェスター・シティと競り合い、FAカップならびにチャンピオンズリーグで決勝に進んでおり、今季2冠目のタイトルを懸けてウェンブリー・スタジアムに乗り込む。

しかし、中盤の要であり、ハイラインを敷くリバプールにとって生命線とも言える “アンカー・マン” ブラジル代表MFファビーニョがアストン・ヴィラ戦で負傷離脱。レアル・マドリードとのCL決勝に向けて調整を行っており、この決勝および残るリーグ戦の欠場が決定している。

とはいえ、リバプールの陣容は万全だ。手薄気味なアンカーには、”頼れるキャプテン” イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが不在を埋め、予想ではチアゴ・アルカンタラとナビ・ケイタらとともに中盤を支配してくれるだろう。

ディフェンスリーダーとして最終ラインをまとめ、巧みなオフサイドトラップを仕掛け続けるオランダ代表DFフィルジル・ファンダイクは、リバプールで唯一手に入れていないFAカップ優勝に向け抱負を語り、カラバオカップ同様にタフな試合になると気を引き締めた。

「特別な大会だよ。ここ数年は、さまざまな理由で、残念ながら決勝に近づくだけの結果を残すことができなかった。でも、いまは決勝に進出しているし、ファイナルを特別な試合にしたい。」

「このトロフィーは、僕がこのクラブに来てから、唯一獲得できなかったものなんだ。僕たちは強いチェルシーとの対戦において、ビッグチャンスを迎えている。」

「最後に優勝したのは、もうずいぶん前のことだ。僕らにもチャンスはある。カラバオカップ決勝で見たように、どれだけタフな戦いになるかは分かっている。ふたたび素晴らしい一日になることを願っているよ。」

「彼らは完璧なチームだ。今シーズンの終盤は、明らかに彼らが望んでいるような安定したものではなかった。多くの怪我や他のさまざまなこと、チャンピオンズリーグで敗退したことによる挫折が原因かもしれないね。」

Liverpoolfc.com

シーズン後半戦は、自慢の守備が崩壊する試合も多く、本調子とは言えない状態のチェルシー。それでも、カラバオカップでの雪辱を忘れておらず、全力と全力のぶつかり合いが展開されることだろう。

ふたたびPK戦になる可能性もあるFAカップ決勝だが、最後の最後にはジョーダン・ヘンダーソンが今季2度目となる優勝トロフィーを掲げる姿を拝みたいところだ…

タイトルとURLをコピーしました