元エバートンMFハメス・ロドリゲスが、コロンビア代表の同僚がプレーするリバプールのCL制覇を望む!

スポンサーリンク
Former Everton midfielder James Rodriguez wants Liverpool, where his Colombian colleague plays, to win the CL代表

チャンピンズリーグ・グループステージにおいて、ACミランやFCポルト、アトレティコ・マドリードと “死の組” で戦うことになったリバプール。難しい展開が予想されたものの、蓋を開けて見ればリバプールが全勝で圧倒。余裕をもって、グループステージを突破した。

ベスト16ではインテル・ミラノ、ベスト8ではベンフィカもそれぞれ破り、準決勝ではカップ戦の達人ウナイ・エメリ監督率いるビジャレアルとの対戦。アンフィールドでのファーストレグは終始圧倒していたが、セカンドレグの前半は逆に主導権を握られ、同点まで追いつかれてしまう。

しかし、前半飛ばし過ぎたホームチームが体力の限界を迎え、激しいプレッシャーにも慣れたリバプールは試合をひっくり返し、アウェイ戦では3得点を挙げて逆転勝利。2戦合計で5対2と結果だけ見れば圧勝。マンチェスター・シティを劇的ゴールで下したレアル・マドリードとのCL決勝に駒を進めた。

リバプールは、この冬にグループステージで対戦したFCポルトからコロンビア代表FWルイス・ディアスを獲得。加入直後から見事なプレーで起用に応え続ける同フォワードは、カラバオカップやFAカップ決勝でも圧巻のパフォーマンスを披露している。

かつてレアル・マドリードでプレーし、昨シーズンにはエバートンに所属し、マージーサイドダービーを経験したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがCL決勝について口を開き、同胞が所属するリバプールにビッグイヤーを獲得してもらいたい率直な気持ちを明らかにした。

「リバプールにはチャンピオンになってほしい。レアル・マドリードには多くの友人がいて、この手の試合では難しいチームだが、ルイス・ディアスには勝ってもらいたいね。」

Liverpool Echo

ルイス・ディアスは、チャンピオンズリーグ決勝でも必ず出番を得る。先発の可能性も高く、経験豊富なレアル・マドリード相手に得点を期待される。FAカップでは数々の決定機を決めきれず、スペイン王者との一戦では爆発的な得点力を見せ付けてもらいたい。

マンチェスター・シティ相手にドラマチックな勝利を手に入れ、調子に乗りまくるレアル・マドリード。グループステージから圧倒的な強さで、対戦相手をねじ伏せてきたリバプール。対照的な勝ち上がりで迎える大一番は、全世界が固唾を飲んで見守る。

そして、最終的にはリバプールが2018-19シーズン以来となるビッグイヤーを掲げてくれることだろう…

タイトルとURLをコピーしました