ボルシア・ドルトムントMFアクセル・ヴィツェルにとって、世界最高のスタジアムは “アンフィールド”

スポンサーリンク
For Borussia Dortmund midfielder Axel Witsel, the best stadium in the world is "Anfield"未分類

スタンダール・リエージュのアカデミーで育ち、同クラブで頭角を現したベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル。ベンフィカ(ポルトガル)やゼニト(ロシア)、さらには天津天海(中国)を経由して、2018年の夏にボルシア・ドルトムントに加入。

以来、ドイツの強豪では通算144試合に出場。33歳となった今シーズンも40試合に出場しており、チームの主軸を担っている。タレント軍団のベルギー代表でも出場試合数は “140” を数える。今年の夏には契約満了となるため、その去就が注目される。

数々のスタジアムでプレー経験を持つベテラン・ミッドフィルダーは、これまでプレーした中で、またドルトムントの本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクを除き、最高のスタジアムとしてリバプールのホームスタジアム “アンフィールド” を選んでいる。

「最高の雰囲気は、リバプールでプレーしたときだ。」

Borussia Dortmund’s Twitter

同選手がアンフィールドでプレーしたのは、10年近く前にも遡る。それでも、印象に残っていることは、リバプール・サポーターが作り出す最高の雰囲気を証明している。

スタンダール・リエージュに所属していたベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルは、2008年にヨーロッパリーグで戦っており、19歳でアンフィールドを初経験。さらには、5年後にはゼニト・サンクトペテルブルクの一員として、ふたたびアンフィールドを訪れている。

キャリア絶頂期には、プレミアリーグでもプレーしていてもおかしくないほどの能力を有した同ミッドフィルダーだが、サッカー人生においてイングランドのクラブでのプレー経験はない。33歳と、今から世界最高峰リーグへの移籍も考えにくく、もう一度アンフィールドを訪れることはないかもしれない。

もしもドルトムントとの契約更新が成立し、来シーズンもチャンピオンズリーグに出場するのであれば可能性があるが、アメリカ移籍も噂されているだけにヨーロッパでのサッカーに終止符を打つ確率が高まっている。

いずれにしても、数多くの選手がアンフィールドの特別な雰囲気を口にする中、ベルギー代表も同様の気持ちを抱いていると知れて、リバプール・サポーターとしては何気に誇らしい…

タイトルとURLをコピーしました