リバプールFWダルウィン・ヌニェスが語る “貧しかった幼少時代”…『空腹のまま寝ていた。』

スポンサーリンク
Liverpool's top target in this summer's transfer market is Benfica FW Darwin Nunezチーム

出場試合数やチーム成績など事前に設定された条件をクリアした場合には、クラブ史上最高額の移籍金でのリバプール加入となるウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェス。大きな期待とプレッシャーを背負いながらも、プレミアリーグでの戦いに備える。

まずはイングランド・サッカーやリバプールの戦術、さらにはリバプールでの新生活に慣れなければならず、ファビーニョのように半年間は試用期間になるかもしれない。その後は、ディオゴ・ジョッタやルイス・ディアスらと次世代フロントスリーを築いていくことになる。

ウルグアイ代表FWで、かつてリバプールでも活躍したFWルイス・スアレスもバルセロナに獲得を進言したほどの逸材だが、幼少期は建設現場で働く父親と、優しい母親、そして弟との生活は決して裕福とは言えず、ご飯も満足に食べられていなかった過去を数年前に明かしていた。

「10年前には空腹に耐えながら、ひとり寂しく寝ていた。」

「でも、一番空腹のまま寝ていたのは、母だった。母は、まず僕と弟にご飯を食べさせてくれた。僕たちと一緒に食事をせずに寝てしまうこともよくあった。自分がどこから来たのか、決して忘れないよ。」

Mercado_Ingles

同じように、数年前のタイミングで家族について語ったダルウィン・ヌニェスは、働き続けた父親や母親に感謝の意を表している。そして、今後も勤勉な家族の存在を忘れることはないと強調している。

「謙虚で勤勉な家庭に生まれた事実を忘れてはいけない。」

「父は建設現場で8時間も9時間も働いて、私たちに必要なものを買い与え、食べさせてくれた。」

「母は専業主婦だったが、街に出て瓶を集めては売っていたんだ。」

Referi

アルメリア(スペイン)からベンフィカ(ポルトガル)、そしてついにはリバプールと契約を結び順風満帆な数シーズンを過ごし、世界を見渡しても有数の若手ストライカーに成長。大金での移籍金もあり、世界中から注目が集まる。

マンチェスター・シティに加入したノルウェー代表FWアーリング・ハーランドとも比較されるウルグアイ代表フォワードは、アンフィールドの歴史に名を刻めるだろうか…?

タイトルとURLをコピーしました