ベルギー代表FWディボク・オリギのACミラン移籍はまもなく!?来週にもミラノ入り!

スポンサーリンク
Belgian international Divock Origi to AC Milan soon! Arrives in Milan next week!移籍

ベルギー代表FWディボク・オリギは、2014年の夏にリバプール加入が決定。1年間のレンタルバックを経験した後、2015年に正式加入。レギュラーとしては、フロントスリーからポジションを奪うことはできずに、バックアップ扱いが続いていた。

さらには、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタやコロンビア代表FWルイス・ディアスらの加入もあり、フォワードにおける序列は下がり、今シーズンはベンチにすら座れない試合も多かった。契約延長のオプションが存在していたが、クラブ側は権利を行使せずに、今夏限りで契約満了に伴う退団が確定。

ホーム最終節には、試合後に退団セレモニーも行われ、昨年退団したオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムと同じく、クラブやサポーターから愛された選手であることを示した。スタメンでは印象的な結果を残せなかったが、途中出場した際のインパクトはまさに持っている男であった。

チャンピオンズリーグ準決勝での劇的な勝ち越し点に始まり、決勝の舞台でもダメ押しとなる得点を奪った。翌シーズンには、終了間際に貴重な得点を奪うなどプレミアリーグ優勝に貢献。今季も出番こそ少なかったが、ウルブス戦では値千金のゴールでチームを勝利へと導いた。

そんなベルギー代表フォワードは、かねてから噂に上がっていたACミラン移籍が近づいている。ファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、来週中にはイタリアに上陸し、メディカルチェックを受け、問題なければ正式契約に進むようだ。

数々の記憶に残るゴールを決め、そのキャラクターもあり、全員から愛されたディボク・オリギのイタリアでの活躍を期待したい。ズラタン・イブラヒモビッチやオリビエ・ジルーらとポジション争いを勝ち抜き、セリエAで得点王を目指してもらいたい。

そして、この冬に行われるカタールW杯では、ベルギー代表の一員として、プレーしている姿が見れると嬉しい限り…

タイトルとURLをコピーしました