アレックス・オックスレイド=チェンバレンが長期離脱…リバプールがインテル・ミラノから中盤を緊急補強!?

スポンサーリンク
Alex Oxlade-Chamberlain out long term... Liverpool urgently reinforce midfield from Inter Milan!移籍

ファビオ・カルヴァーリョやダルウィン・ヌニェス、カルヴィン・ラムゼイらをチームに加えて、補強が終了したリバプール。来夏には大物ミッドフィルダー獲得に動くとされ、その視線はすでに2023年の夏に向けられている。

ただし、怪我人は例外だろう。プレシーズンでアジアツアーを行ったリバプールにおいて、元イングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンは負傷交代。ユルゲン・クロップ監督はハムストリングの怪我と明言し、復帰までは長くかかるだろうと予想している。

「アレックス・オックスレイド=チェンバレンの場合は、もっと時間がかかるだろう。深刻なハムストリングの負傷だから、時間がかかる。ハムストリング…この言葉はみんな嫌いだし、この怪我も嫌いだけど、とにかく時々起こることで、今回はアレックス・オックスレイド=チェンバレンがそうだったんだ。」

ジェームズ・ミルナーが1年間の契約延長したことで、昨シーズンから中盤の枚数が減らずに済んだ。昨季チャンピオンシップながらも脅威的なパフォーマンスを見せたポルトガルU-21代表ミッドフィルダーも加わり、ポジション争いはさらに熾烈に。

攻守両面において、激しさやインテンシティが求められるクロップ・サッカー。ミッドフィルダーの人数が多いに越したことはなく、長いシーズンを乗り切るためにも代役獲得はあり得ない話ではない。

伊『Caliciomercatoweb』によれば、負傷した元アーセナルMFに代わり、インテル・ミラノに所属するトルコ代表MFハカン・チャルハノールに関心を寄せている。3150万ポンド(約44億円)と言われる評価額が付けられており、セントラルミッドフィルダーだけじゃなく、前線でもプレー可能だ。

昨シーズンの開幕前に、宿敵ACミランとの契約更新を断り、フリーでインテル・ミラノに移籍したトルコ代表MF。プレースキックや高いパスセンスを有しており、リバプールとは昨季のチャンピオンズリーグで直接対決し、経験豊富な落ち着いたプレースタイルで違いを見せ付けていた。

カーティス・ジョーンズやハーヴェイ・エリオット、ファビオ・カルヴァーリョら期待の若手選手に加えて、復調の兆しを見せるナビ・ケイタらバックアップ陣も揃っており、アレックス・オックスレイド=チェンバレンの負傷でフロント陣が慌てるとは考えにくい。

また、それなりの移籍金が必要となり、28歳という年齢も含めて、リバプールが獲得に乗り出す可能性は限りなく低い。現時点で、ハカン・チャルハノールのようなタイプの選手を必要としておらず、リバプールでどのポジションに適応できるか不透明。

同じインテルで言えば、かねてから噂に挙がっているイタリア代表MFニコロ・バレッラがより合うだろう。試合終盤まで落ちない運動量で、ゲーゲンプレスにもすんなり適応できる。

リバプールは移籍期限が1ヶ月を切った、このタイミングで新たなプレーヤーを迎え入れることはあるのだろうか…?

タイトルとURLをコピーしました