ポルトガルU-21代表MFファビオ・カルヴァーリョは、チャンピオンズリーグ出場を待ちきれず!

スポンサーリンク
Portugal U-21 midfielder Fabio Carvalho cannot wait to play in the Champions Leagueチーム

今年の夏の移籍市場でフラムからリバプールに移籍したポルトガルU-21代表MFファビオ・カルヴァーリョ。卓越したテクニックとチャンスメイクで、チャンピオンシップ優勝を置き土産に、若かりし頃から過ごしたクラブを後にした。

プレミアリーグ昇格を懸けた戦いから、一気にヨーロッパを舞台にプレーするクラブに加入し、戦う相手のレベルも格段に上がった。リバプールは、昨シーズン終盤には苦杯を舐めたチャンピオンズリーグのリベンジを誓う。

あらたなレベルでのサッカーにも、元フラムMFは臆することなく息巻いている。チャンピオンズリーグの舞台でピッチに立つことを子供たちの夢だと語りつつも、いつでも出場できるように準備を欠かさないとも口にしている。

「プレミアリーグと並んで、プレーできる最高の大会だ。」

「だから、本当に楽しみだよ。チャンピオンズリーグでプレーすることは、すべての少年にとって夢だと思うからね。」

「ここアンフィールドでのチャンピオンズリーグの夜は特別だと聞いているから、その瞬間が待ちきれないよ。」

「試合数も多いし、ワールドカップでちょっとストップがかかるから、どうなるかはわからないけどね。」

「必要なときにプレーできるように、そして最高のパフォーマンスを発揮できるように準備する必要があることは分かっている。みんな、自分のベストパフォーマンスを発揮できるように準備しておく必要があるんだ。」

「達成したいことを達成するためには、それができることが必要なので、全員が準備万端で臨む必要があるね。」

LFC公式サイト

怪我人が相次いでおり、若手選手にとって試合に出れるチャンスは増える。主に左ウイングでのプレーが続いており、ルイス・ディアスの控えの立場。それでも、ボール捌きは光るものがあり、プレミアリーグの早さに慣れれば、十分に通用しそうだ。

そして、ヨーロッパの舞台でも貴重な戦力として勝利に貢献してくれるはず。小さい頃から憧れ続けた大会を経験し、飛躍の一年を迎えるかもしれない…

タイトルとURLをコピーしました