Greek Scouser…リバプールDFコスタス・ツィミカスが、いまや定着した “愛称” が出来た瞬間をカミングアウト!

スポンサーリンク
Greek Scouser... Liverpool defender Kostas Tsimikas comes out with the moment he got his now-established 'nickname'!チーム

2020年8月にオリンピアコスからリバプールに加入したギリシャ代表DFコスタス・ツィミカス。初年度こそ新型コロナ感染や負傷により出場機会は制限され、持っている実力の半分も披露できなかった。

しかし、2年目以降は本領発揮。正確なクロスや豊富な運動量でアップダウンを繰り返し、気持ちを全面に出したプレーぶりはファンたちの心を掴んだ。時期によっては、アンディ・ロバートソンを凌ぐパフォーマンスで、人気は日に日に高まり続けている。

ピッチ外でも明るいキャラクターで慕われ、モハメド・サラーやチアゴ・アルカンタラとも仲良し。まさに愛されキャラになったギリシャ代表ディフェンダーには “Greek Scouser” という愛称で呼ばれている。キッカケは自らがSNSに投稿した内容で、投稿に至った背景を今回カミングアウトした。

「練習場のジムで友人のフィットネスコーチと一緒にいたら、”お前はギリシャのスカウサー(Greek Scouser)だ!” って言われたんだ。で、正直、すごく気に入ったんだよ。」

「それでインスタグラムに投稿したら、それ以降は自分の名前になった。自動的にね!」

LFC公式サイト
𝗞𝗧𝟮𝟭 on Instagram: "MADNESS. ❤️ @liverpoolfc #greekscouser #godsplan #ktdelivery"
𝗞𝗧𝟮𝟭 shared a post on Instagram: "MADNESS. ❤️ @liverpoolfc #greekscouser #godsplan #ktdelivery". Follow their account to see 309 posts.

スコットランド代表にも劣らない高いレベルでのプレーにも関わらず、同選手には長い間、応援チャントがなかった。とある企画では、自分のチャントがないことを主張するシーンもあり、それが影響したのかわからないが、新たにチャントが作成された。

世界的な名曲 “ABBA – Gimme Gimme Gimme” の曲調を用いた応援チャントは、ツィミカスも大満足。純粋に嬉しいと語りつつも、アンフィールドで大音量のチャントを聞く機会を待ち望んでいるようだ。

「とっても嬉しいんだ。」

「でも、まだスタジアムで本当に聞いたことがないので、アンフィールドでファンから聞くのがとても楽しみなんだ!」

「歌詞は、ABBAの “Gimme Gimme Gimme” の曲に乗せて、”ツィミ、ツィミ、ツィミ、あぁコスタス・ツィミカス、パスポートにはギリシャ人と書いてあるが、我々は彼が “スカウス” だと知っている!” って言っているんだ。」

「ツィミ、ツィミ、ツィミ “の方が原曲よりいいと思う。それはとてもとても嬉しいことで、リバプールでの時間がより特別なものになったよ。」

LFC公式サイト
タイトルとURLをコピーしました