契約解除条項は6000万ポンド…エベレチ・エゼ争奪戦は、トッテナムがリバプールをリードか!?

スポンサーリンク
Release clause on contract is £60 million...Tottenham leading Liverpool in the battle for Eberechi Eze 移籍

ユルゲン・クロップ監督の時代が終焉を告げ、アルネ・スロット新監督とともに新たな時代に歩みを進めるリバプール。年齢が高まってきたセンターバック陣に加えて、アタッカー陣のテコ入れを狙っており、この夏の移籍市場にも補強を行う見通しだ。

そのターゲットのひとりとして報じられているのが、クリスタル・パレスに所属する25歳MFエベレチ・エゼ。セルハースト・パークではこれまで124試合に出場し、26ゴール17アシストを記録しており、チームの中心的な役割を担っている。

英『The Times』によれば、クリスタル・パレスの攻撃を引っ張るイングランド代表MFに対し、トッテナム・ホットスパーが本腰を入れており、争奪戦をリードしているようだ。なお、契約解除条項は6000万ポンドに設定されているとも報じている。

同国代表ではまだ輝けていないものの、ロンドンでの活躍は目を見張る。容易にはボールを失うことなく、激しいプレスにも負けず、決定的なパスも出せる。フリーキックでゴールを奪うこともでき、プレミアリーグでも屈指の攻撃的MFとして認識されている。

リバプールにとっても有益な人材であることは間違いないが、インサイドハーフや左ウイングを主戦場とする選手は多く在籍しており、決して潤沢ではない資金を投じるべきかには疑問が残る。最優先はモハメド・サラーの後継者となり得る右ウィンガーで、補強の優先度は低いと言わざるを得ない。

レッズが喜んで6000万ポンドものオファーを提示するとは思えず、現時点ではロンドン内での移籍が濃厚。はたして、イングランド代表の攻撃的ミッドフィルダーは今夏、ステップアップするのだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました