ラヒーム・スターリングがイングランド代表から追放

スポンサーリンク
イングランド代表でのラヒーム・スターリング代表

ショッキングなニュースが飛び込んできた。欧州選手権予選モンテネグロ戦に向けて代表に召集され、マンチェスター・シティでもエースとして活躍するラヒーム・スターリングがモンテネグロ戦を欠場するとイングランド協会(FA)が正式に発表。

ショッキングなのは、欠場の理由。練習の合間か、食堂で座っていたスターリングが後から入ってきたゴメスに対して、首根っこを掴む愚かな行為に出た。チームメイトも最初は冗談だと思っていたが、スターリングが明らかに我を失っている様子だったため、二人を引き剥がした。

因縁

前日(2019年11月10日)にマンチェスター・シティはリバプールと対戦し、敵地アンフィールドで惨敗。思うようなプレーができなかった上、試合終盤にリバプールのジョー・ゴメスと揉み合いになったことが引き金となったようだ。ただ試合終了時には健闘を称え合っていた二人だけに、スターリングがその夜にSNSでいじられたことで、怒りが湧き上がり、今回の行為に至ったのではと推測されている。

幸いゴメスは右目の下に引っ掻き傷が残った程度で大事には至らなかった。代表監督ガレス・サウスゲートとFAはすぐに対応し、スターリングを代表から追放。サウスゲートはチーム全体の決定であると強調している。一方、スターリングもすぐに謝罪文を掲載し、ゴメスを和解していると説明している。

タイトルとURLをコピーしました