サッスオーロがMFマヌエル・ロカテッリの移籍に備えて、リヴァプールMFマルコ・グルイッチをリストアップ!?

スポンサーリンク
Marko Grujic is considered as an alternative for Sassuolo’s Manuel Locatelli移籍

EURO2020も終わり、参加していた選手たちの移籍は活発化している。イタリア代表として同大会で2ゴールをマークしたサッスオーロMFマヌエル・ロカテッリは、アーセナル移籍を拒絶し、リーグ連覇が途切れたユベントスへの移籍を熱望している。

ユベントスは3000万ユーロ(約39億円)+若手選手の譲渡でのオファーを検討しており、近々正式なオファーが提示される見込み。アーセナルは4000万ユーロ(約52億円)の移籍金を準備していたと言われるが、同選手にはプレミアリーグ移籍は頭の中にない。

サッスオーロでは99試合に出場し、7ゴール11アシストと見事な数字を残している。イタリア代表でも15試合で出番を得ており、セリエAを代表するミッドフィルダーのひとりだ。クラブはリーグ8位に沈んでおり、かつてACミランにも所属したイタリア代表MFだけに、今夏でのステップアップを目指している。

移籍市場に詳しいスポーツジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ロカテッリ退団に備えるサッスオーロは、セルビア代表MFマルコ・グルイッチを後釜に据える方針を定めており、リヴァプールに獲得可能性について問い合わせを行ったようだ。

近年はローン移籍を繰り返すリヴァプールMFは、昨シーズンもFCポルトへとレンタルされていた。主軸とまでは行かなかったものの、戦力のひとりとして評価されており、ポルトも同選手の獲得を狙っていると言われている。

2016年に地元レッドスター・ベオグラードからプレミアリーグへと移籍したセルビア代表だが、アンフィールドでのポジション確保に苦しんでおり、クラブは今夏での放出に前向き。ポルトは評価額において相違があり交渉が難航しており、今後はサッスオーロが希望額を提示できるかが争点になりそうである…

リヴァプールMFマルコ・グルイッチの新天地は、昨シーズンにローンで過ごしたFCポルトか?
リヴァプールでは出番に恵まれないセルビア代表MFマルコ・グルイッチは、昨シーズンFCポルトで貴重な戦力として十分な活躍を見せた。FCポルトは同選手の残留を望み、獲得リストの上位に名前があがるミッドフィルダー獲得に向けて、具体的に動き出す見込みのようだ。
ヘルタ・ベルリンがセルビア代表MFマルコ・グルイッチ獲得に向けて、オファー提示か!?
今シーズンは降格したFCケルンと勝ち点差わずか2差。ギリギリでブンデスリーガ残留を決めたヘルタ・ベルリンは、来季に向けたチーム作りを始めている。過去2シーズンにわたりレンタルで加入し、計54試合9ゴール3アシストと主力として活躍したリバプ...
タイトルとURLをコピーしました