リバプールDFのローン移籍が迫る…新天地はシェフィールド・ユナイテッド

スポンサーリンク
The Liverpool defender is close to making a loan move to Sheffield Unitedレンタル

プレストン・ノースエンドから加入して半年。公式戦では出番がなく、プレシーズン・マッチですら出場機会が限定的なリバプールDFベン・デイビス。イブラヒマ・コナテ加入に伴い、さらに序列は下がってしまい、ナット・フィリップスやリース・ウィリアムズに次ぐ、7番手センターバック扱い。

リバプールDFベン・デイビスはやっぱり移籍?シェフィールド・ユナイテッドが関心を示す!
今冬リバプールに加入した元プレストン・ノースエンドDFは、センターバックの長期離脱に陥ったクラブを救う役割が期待された。しかし、同時期にローンで加入したシャルケDFオザン・カバクや若手DF陣に先を越され、出場試合数がゼロのままシーズンを終...

かねてから移籍の可能性が報じられており、チャンピオンシップに所属するシェフィールド・ユナイテッドとスコティッシュ・プレミアシップに属するセルティックが獲得を目指し、選手の動向を注視していた。

リバプールは一方で、完全移籍や買取オプションを付随することを好まず、あくまでローン移籍での放出のみを容認する構え。昨シーズンはセンターバックに負傷者が相次ぎ、ディフェンスラインの安定に苦悩していただけに、最悪のケースを考えているのかもしれない。

そんな中で、元プレストン・ノースエンドDFの去就に動きが見られた。『Sky Sports News』によると、シェフィールド・ユナイテッドが同選手のレンタル移籍で合意し、今週中にはすべての対応が完了する見込み。晴れて、出番が確保できるクラブでのプレーが可能になる。

チャンピオンシップクラブは元々、完全移籍でリバプールDFを迎え入れる方針を示していた。同じく興味を持つセルティックも完全移籍での獲得を目指していた。しかし、ユルゲン・クロップ監督はディフェンダーを手放すことを望まず、シーズンを通じたレンタルで話がまとまった。

残留したとしてもほぼ出場できないクラブにいるよりは、しっかりと出番を得られるクラブへの移籍は選手にとって朗報だ。市場価値を高めるという意味合いでは、リバプールにとっても悪い話ではない。

まもなく公式発表がなされる予定であり、続報を待ちたい…

タイトルとURLをコピーしました