プレミアリーグ3番目の収容人数へ…アンフィールド拡張プランが動き出す

スポンサーリンク
To become the third highest capacity club in the Premier League... Anfield expansion plans set in motionスタジアム

シーズンオフの期間に進められれていたアンフィールド拡張計画が、作業着手に向けて動き出した。来週には着工式が予定されており、今回の拡張によって7000席が増設される。アンフィールド全体では61,000席になり、プレミアリーグでもマンチェスター・ユナイテッドやトッテナムに次ぐ3番目に大きな収容人数を誇るスタジアムへと生まれ変わる。

今回のプロジェクトは、2021年6月にリバプール市議会から承諾を得ており、5シーズンの間に最大6回のコンサートや主要イベントをスタジアムで開催する許可をもらっている。2023/24シーズンにお披露目を迎える見込みで、コンコースやスポーツバー・ラウンジなどのホスピタリティ施設も設けられる。

スタジアムを取り巻く社会や人々との共存にも力を入れており、地元の人々に対して就労機会を与えたり、ローカルコミュニティとのコミュニケーションを活発化させる趣旨を表明している。拡張が完成した暁には、試合当日の就業者数が現在2,200人から約400人増えるとされている。

リヴァプールFCの最高経営責任者を務めるアンディ・ヒューズは本プロジェクトの着工に際して、次のように声明を発表している。

「私たちは当初から、この拡張工事を進めるためには、地域住民やコミュニティの協力が必要であり、複雑な計画進行をうまく乗り切り、プロジェクトが財政的に成り立つようにしなければならないと考えていました。」

「私たちは、このプロジェクト遂行への確実性を求めており、現段階で無事にプロジェクトを前進させることができます。私たちは2014年にこの計画を始め、プロジェクト着工に導くために貢献してくれた皆さんに感謝の意を表します。」

タイトルとURLをコピーしました