元マンチェスター・シティDFは、狙われたトレント・アレクサンダー=アーノルドに同情…

スポンサーリンク
The former Manchester City defender feels sorry for Trent Alexander-Arnold, who was targeted試合

昇格組の雄ブレントフォードは、昨シーズンにプレミアリーグ3位リヴァプールを迎えての試合でも物怖じしなかった。2度にわたり勝ち越し点を許す展開にも関わらず、ゲームプランを徹底した同クラブは試合終盤に同点弾を叩き込み、強豪相手に勝ち点1を手に入れた。

先制点でリードしたブレントフォードだが、その後は2度にわたり勝ち越し点を奪われる展開。どちらに転んでもおかしくない試合内容だが、昇格クラブの攻撃パターンは徹底されていた。右サイドでパスを回すと、ジョエル・マティプとトレント・アレクサンダー=アーノルドの間にクロスを放り込む。

2〜3人の選手たちがリヴァプールの右サイドバックの周りに集まり、意図的に密集を作り出すと、こぼれたボールを先に触りゴールに繋げる。ディフェンスの中心でもあるフィルジル・ファンダイクを飛ばした攻撃は的中し、3得点を奪った。

世界的なクラブを相手に対等に戦いきったブレントフォードに対して、リヴァプールは対応できずに3失点。イブラヒマ・コナテら高いで勝負できるディフェンダーを入れるなど改善策は講じれたはずだが、クロップ監督が動かず。今季のプレミアリーグで初めてとなる複数失点を喫してしまった。

『Match of the Day』に出演した元マンチェスター・シティDFマイカ・リチャーズが、攻めに攻められたリヴァプールDFトレント・アレクサンダー=アーノルドに言及し、守備の仕方に問題はなかったことを前提に、同情の声をかけている。

「右サイドのアレクサンダー・アーノルドが少しかわいそうだった。」

「普通はファビーニョのような人がいるはずで、カバーしてもらうだ。」

「彼はうまく対応していたし、ポジショニングは間違っていなかった。しかし、ブレントフォードの選手が2人も3人もいるとなると、とても難しい。」

「ブレントフォードはゲームプランを完璧に実行し、すべてがうまくいったね。」

確実に守備面で改善をし続けるイングランド代表DF。ポジショニングのうまさが増し、フィジカル面でも力強さを身に纏った同選手だが、さすがに複数選手をひとりで相手にすることはできない。

弱点とも言えるディフェンスを露呈したリヴァプールは、次節マンチェスター・シティとの大一番を迎える。今節で狙われた箇所を1週間で修正し、リーグチャンピオンとの試合ではしっかりと勝ち点3を手に入れたいところ…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合
Liverpool × YNWAブログ
タイトルとURLをコピーしました