豪快ミドルを沈めたリヴァプールMFカーティス・ジョーンズは、次節マンチェスター・シティ戦での雪辱を誓う!

スポンサーリンク
Liverpool midfielder Curtis Jones vows to make amends against Manchester City after sinking a thunderbolt試合

今シーズン、プレミアリーグに昇格したブレントフォードの本拠地へ乗り込んだリヴァプール。開幕戦ではアーセナルを破り、前節にはアウェイの地でウルヴァーハンプトン・ワンダラーズを撃破した実力は本物だった。

イーサン・ピノックの先制点でリードしたが、直後にディオゴ・ジョッタが同点弾を奪う。モハメド・サラーがチーム2得点目となるゴールでアウェイチームがリードをすれば、9分後には同点に持ち込む。それから4分後にはカーティス・ジョーンズが見事なミドルシュートで勝ち越しに成功したが、82分には執念の同点ゴールをたたき込んだ。

シーソーゲームは結果3対3の同点で決着。ともに失点の少ない試合展開で勝ち点を積み重ねてきたが、この試合が別物。合計6ゴールが飛び出す乱打戦は、ブレントフォードが戦略に忠実に、ジョエル・マティプとトレント・アレクサンダー=アーノルドを狙い続けた結果とも言える。

プレミアリーグで久しぶりのスタメン出場を果たしたリヴァプールMFカーティス・ジョーンズは、自身が決めたゴールを喜びつつも、勝ち点3を逃したことへの悔しさを吐露している。ただし、ブレントフォードも称え、引き分けが妥当だったとの考えも明かしている。

「ボールを持って中に切り込んだら、ゴールが見えてそのままシュートを打った。ゴールに吸い込まれたのはラッキーだったね。」

「でも、勝ち点3を獲得できなかったのは残念。次の試合では必ず勝ち点3を獲得したい。」

「良いプレーができたけど、相手も良いプレーを披露した。引き分けで妥当だと思ってるよ。彼らはとても良いチームで、相手にするのは大変だった。」

「プレミアリーグにいるチームは、どのチームも良いチームだね。100%の力を発揮できなければ、罰を受けることになるんだ。」

次節はポルトとのチャンピオンズリーグ第2戦を挟み、マンチェスター・シティをアンフィールドに迎えての大一番。確実に勝ち点3を手に入れ、ライバルとの勝ち点差を広げたい一戦は、チェルシー戦に続き、見所の多い試合になること間違いない…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合
Liverpool × YNWAブログ
タイトルとURLをコピーしました