元イングランド代表GKが持論を展開…『リヴァプールはイヴ・ビスマよりユーリ・ティーレマンスを優先すべき』

スポンサーリンク
The former England goalkeeper has a theory... "Liverpool should give priority to Youri Tielemans over Yves Bissouma"移籍

25歳のマリ代表MFイヴ・ビスマは2018年の夏にブライトン移籍を果たすと、年々評価を高め続ける。今夏の移籍市場ではリヴァプールやアーセナルが獲得に近づいていたが、ベン・ホワイトが移籍したこともあり、結果的には残留となった。

プレミアリーグクラブからの関心はそれでも衰えず、来年1月の移籍市場でふたたび争奪戦が展開される見込みの同選手は、ブライトンで101試合に出場。最終ラインの前でのフィルター役をしつつ、攻撃面でもリズムをもたらす役割を担っている。

昨シーズンは得点不足に悩まされた同クラブだが、今季は5試合を終えた時点で4勝と好調を継続している。そんなチームの中心として躍動するマリ代表MFだが、チャンピオンズリーグに出場する夢を隠していない。

「移籍の時が来れば、それはその時。いまはブライトンで幸せだし、サッカーを楽しんでいるよ。」

「僕の夢は他の選手と同じで、チャンピオンズリーグでプレーしたいし、チャンピオンにもなりたい。トップレベルで自分を試したいし、実力を証明したい。」

アーセナルはチャンピオンズリーグ出場権を持っておらず、順位を上げるまで時間がかかりそう。ヨーロッパ最大のトーナメントで戦う夢を叶えるためには、リヴァプール移籍が一番の近道。

しかし、元イングランド代表GKポール・ロビンソンは『Football Insider』とのインタビューに応じ、リヴァプールはブライトンMFよりもレスター・シティMFユーリ・ティーレマンスを優先すべきだと語っている。

「リバプールにとっては、ビスマよりもティーレマンスの方がいいと思う。」

 「ビスマはクロップに合うか、確信は持てないね。」

「彼らはあまりお金を持っていないことが、先日の移籍市場で分かった。」

「ワイナルドゥムは昨シーズン、多大な役割を果たしていただけに、失ったものは大きい。」

「ミッドフィルダーは手薄だから、来年の1月になるか、来年の夏になるかわからないけど、誰かしら補強するだろう。リヴァプール が1月に動くかどうか注目したいね。」

ポール・ロビンソンとは異なり、個人的にはクロップ・サッカーにもフィットしうるだけの能力とプレースタイルを持っていると思っている。とくにアンカーを担える選手が足りず、強さと柔軟さを持ち合わせるブライトンMFは十分戦力になり得る。

はたして、リヴァプールは誰を獲得するのだろうか…?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
移籍
Liverpool × YNWAブログ
タイトルとURLをコピーしました