“リバプールGKコーチ部門のトップ” ジョン・アフテルベルグが2024年まで契約延長

スポンサーリンク
"Head of Liverpool's goalkeeping coaching department" John Achterberg extends his contract until 2024チーム

リバプールはゴールキーパー部門の強化を図っており、アリソン・ベッカーを中心に経験豊富なキーパーから将来有望な若き才能に満ちたキーパーまでが揃う陣容のさらなる発展を目指している。そのプロセスの一環として、元ブラジル代表GKで、現在ブラジル代表でコーチを務めるクラウディオ・タファレルをチームに迎えた。

1994年W杯制覇...ブラジル代表 “レジェンド” クラウディオ・タファレルが、リバプールGKコーチに就任
リバプールは元ブラジル代表GKクラウディオ・タファレルをゴールキーパーとしての招聘を発表。1994年にアメリカで開催されたW杯で優勝を果たし、さらには1998年のフランス・ワールドカップでもメンバー入りを果たし、準優勝に貢献。ブラジル国内...

一方で、ゴールキーパー部門の責任者を務めるジョン・アフテルベルグは、2024年まで契約を延長しており、引き続き部門のトップでゴールキーパー陣の成長を促しつつも、クロップ監督が求める哲学の構築に励む。

2009年からリバプールのコーチとして活躍するオランダ出身コーチは、ケニー・ダルグリッシュやブレンダン・ロジャーズ監督時代から守護神の指導を担当。シモン・ミニュレやロリス・カリウスらミスの多いGKの影響で批判の的になることあった。

しかし、クラブが生まれ変わったユルゲン・クロップ監督の就任は、同コーチにも好影響をもたらした。アリソン・ベッカーの加入で、一気に世界屈指のGK陣に変化すると、クイヴィン・ケラハーケラハーやマルセロ・ピタルーガ、ハーベイ・デイビスら若手の成長に寄与している。

チームを率いるクロップ監督は、ゴールキーパー部門に加わった元ブラジル代表GKを称えつつも、あくまで責任者はジョン・アフテルベルグであると明確にしている。

「タファレルは本当に良い人間で、エキサイトしているよ。」

「彼は私よりも年上で、コーチングスタッフの中で私が最年長ではなくなったのが重要なポイントだね。」

「本当に才能のあるGKたちを見ると、アリソンを筆頭に優れたメンバーが揃っていると思う。試合数も多く、ホテルでの滞在もあり、彼らのためにソリューションを求めていいた。」

「独自のGK哲学を構築したいと考え、ワールドクラスのプレーヤーでありつつも、すでにアリソンと一緒に仕事をしているコーチを招聘する価値があると考えた。」

「ちなみに、ジョン・アフテルベルグは新しい契約を結んで織り、ゴールキーパー部門の責任者であることは変わらない。」

タイトルとURLをコピーしました