リバプールがしばらく動向を追うカナダ代表FWジョナサン・デイビッドの移籍金が急騰間近か

スポンサーリンク
Canadian international Jonathan David's transfer fee is about to soar as Liverpool follow his progress for a while移籍

かつてリバプールが動向を追っており、獲得目指していたとされるリールに所属するカナダ代表FWジョナサン・デイビッド。2020年にKAAヘントからリーグ・アンに活躍の場を移した。ここまで通算75試合25ゴールを挙げ、昨シーズンにはリーグ制覇を成し遂げたクラブを牽引している。

チアゴ、ジョッタに続き、リバプールはカナダ代表MFジョナサン・デイヴィッドの獲得を狙う
先週は慌しい移籍市場を過ごしたリバプール。バイエルン・ミュンヘンからチアゴ・アルカンタラを皮切りに、プレミアリーグのライバルであるウルヴァーハンプトン・ワンダラーズからディオゴ・ジョッタと立て続きのスタメンクラスの選手の獲得を決めたわけだ...

カナダ代表でもスタメンの座をしっかりと確保しており、24試合18ゴールと高い決定率を発揮。まだ21歳と若く、ヨーロッパでも将来を嘱望されるセンターフォードのひとりとなっている。『L’Equipe』によれば、活躍を続ける同選手の移籍金は爆上がりする可能性があるようだ。

今シーズンに限れば、16試合10ゴールを決めており、得点感覚を極めている。キリアン・エムバペやリオネル・メッシ、ネイマール、ウィサム・ベン・イェデルら世界屈指のストライカーがプレーするリーグにて、現時点で得点ラインキングトップに立っている。

瞬く間な成長を遂げているカナダ代表FWには、フロントスリーの世代交代を目論むリバプールが興味を抱いている。最近はめっきり報道されることは少なくなったものの、昨年夏には獲得候補として頻繁に名前が取り沙汰されており、補強リストに名前が記載されていてもおかしくはない。

移籍金は3000万ポンド(約42億円)とも言われる。ただし、同紙はもしもリールがチャンピオンズリーグのグループステージ突破を決めた暁には、移籍金は跳ね上がるだろうと予測している。獲得を狙うクラブにとっては、頭を悩ます展開であることに間違いはない。

年齢だけでなく、アフリカネイションズカップの影響でモハメド・サラーやサディオ・マネがチームを離脱するため、新たなストライカー獲得の話は過熱。カリム・アデイェミ(レッドブル・ザルツブルク)やジェレミー・ドク(スタッド・レンヌ)らも獲得候補に挙がっている。

フランスのリーグで急成長を継続するストライカーだけに、トップリーグかつ強豪クラブへのステップアップは避けられない。ただし、来年1月での移籍は考えにくく、来夏の移籍市場で動くのが現実的に思える。

ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノの代役にもなり得る逸材には、イングランドで得点を量産する未来はやって来るのだろうか…?

タイトルとURLをコピーしました