惨敗…レスター・シティ戦を振り返ったリバプールDFフィルジル・ファンダイクは、 “見つめ直し” と “改善” を要求

スポンサーリンク
Disastrous defeat... Liverpool defender Fylde van Dijk calls for 'fresh eyes' and 'improvement' after Leicester City defeat試合

レスター・シティ戦では、プレミアリーグでここまで50得点を奪ってきた攻撃陣が沈黙。何度かチャンスはあったものの、枚数をかけて守るホームチームを掻い潜ることができずに、まさかの無失点での敗戦となった。

チーム全体のパフォーマンスも試合中ずっと低調で、元来持つ迫力を全く感じれなかった。レスターがうまく守ったと言えばそれまでだが、窮地で勝利に導いてきたフロントスリーが不発。デンマーク代表の見事なセーブや決定的なシーンでボールがゴールマウスに飛ばず、なんとも後味の悪い試合になってしまった。

この試合の内容では、サポーターからの批判は避けられない。ディフェンス・リーダーとして最終ラインをまとめ、アデモラ・ルックマンのゴール以外は総じて基準点以上のプレーを見せたオランダ代表DFフィルジル・ファンダイクも不甲斐ない出来を認め、改善を強く要求している。

「ファイナル・サードで、僕たちは不十分だった。」

「自分たちのパフォーマンスを見つめ直し、改善しなければいけない。もっとうまくやりたかったし、それが事実だよ。」

「僕たちは十分ではなかったし、彼ら(レスター・シティ)は勝利に値した。」

次節は優勝争いを左右しかねないチェルシーとの大一番を控えるリバプール。リーズ・ユナイテッド戦が延期となり、他のチームよりもインターバルが長かっただけに、動きの鈍さには驚きを隠せない。

今回の試合では、ユルゲン・クロップ監督も理由を明確には説明できず。これから何がうまくいかなかったのかを洗い出す作業に入ると、試合後のインタビューで述べており、年末年始にかけてコーチ陣は忙しい日々を送る。

レスター・シティに無得点で完敗...本来のパフォーマンスからほど遠いプレーぶりに、ユルゲン・クロップ監督も困惑
直前のリーズ・ユナイテッド戦が新型コロナの影響を受け、延期になり、十分な休息を得たはずのリバプール。コロナ陽性で離脱していたフィルジル・ファンダイクやファビーニョ、カーティス・ジョーンズが戻り、万全の布陣でカラバオ・カップ準々決勝で破った...

ロンドンでの一戦に、今回の負けを引きずらずに、生まれ変わったパフォーマンスを披露し、勝ち星を掴み取ることを願うばかり…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合
Liverpool × YNWAブログ
タイトルとURLをコピーしました