モハメド・サラーとの契約交渉は順調そのもの?クロップ監督が発言…『すべてはいい方向に進んでいる。』

スポンサーリンク
“All of it is in a good place” - Jurgen Klopp insists on the conversation with Mo. Salah is going wellチーム

2023年6月まで契約を結ぶリバプールFWモハメド・サラーだが、契約満了まで1年半を切った現段階でも新契約締結に至っていない。進展が見られないクラブと選手側との交渉に、多くのサポーターはヤキモキしている。

現在はエジプト代表の一員としてアフリカネイションズカップに参戦している “エジプシャン・キング” は、リバプールに大幅な給与アップを要求している。しかし、クラブは他の選手たち含む給与体系が崩れることを懸念し、交渉が膠着状態に。

そんな中、アーセナルとのカラバオ・カップ準決勝に挑む前日に行われたプレスカンファレンスにおいて、モハメド・サラーとの交渉の進捗に触れ、まだ何も完了していないことを前提に、すべてが順調に進んでいると明かした。

「いまの時代、選手本人に話を聞かないと、こうしたインタビューは危険だ。」

「(モハメド・)サラーは残留を望んでいるし、我々も彼の残留を望んでいる。こういうことには時間がかかるものだが、すべてはいい方向に進んでいると思う。とてもポジティブに捉えている。ファンもあなたたち(メディア)ほど神経質にはなっていない。」

「彼らはこのクラブをかなり前から知っているし、さまざまなことに取り組んでいる人々をよく知っている。これだけでも、ポジティブになれる十分な理由だ。」

「しかし、まだ終わっていない以上、何も言うことはできない。良い話し合いが行われている、それが私が言えることだよ。」

「この交渉では、やらなければならないことがたくさんある。そこには代理人という第三者も入っているが、何も心配することはない。一般的なプロセスだね。」

「誰も心配する必要はない。ただ、このような状況ということ。彼は今シーズンも来シーズンも契約を残している。本当に、すべて順調。まだ完了していないが、話し合いをしている。」

「彼はワールドクラスの選手で、素晴らしい少年で、リバプールで素晴らしい活躍をしている。我々は明確に彼をキープしたい。」

Sky Sports

ホッと胸を撫で下ろす今回のニュースに、来シーズン以降もリバプールで得点を量産するエジプト代表FWを拝めそうだ。もしも交渉決裂となれば、高い移籍金を得るために今夏での放出も現実味を帯びてくる。

他の選手たちの反応や新たに加わる選手たちとの給与交渉が難しくなりそうだが、その辺りは交渉に長けたリバプールのスカウティング陣の手腕に期待。

トッププレーヤーたちに高給を与え、負傷で出場できない、もしくは加齢によるパフォーマンス低下でベンチを温める最悪の事態は避けてくれるだろう。

まだ契約延長から公式に発表が出るまでは、何が起こるかわからない。それでも、クロップ監督の発言は安心感を与えてくれるに十分な根拠と言える…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
チーム
Liverpool × YNWAブログ
タイトルとURLをコピーしました