『完璧な場所だと思う。』 – リバプールMFは、”ローン移籍” ネコ・ウィリアムズとナット・フィリップスの移籍

スポンサーリンク
I think it's the perfect place." - Liverpool midfielder makes 'loan move' for Neco Williams and Nat Phillipsレンタル

サンダーランドからやってきた若武者は、不遇の時代を乗り越えて、リバプールやイングランド代表でも中心的な人物へと成長。スティーブン・ジェラードからキャプテンマークを受け取ると、偉大なキャプテンシーで精神的にもチームを引っ張り続けている。

そんなリバプール・キャプテンは、この冬にローン移籍でチームを離れたナット・フィリップスとネコ・ウィリアムズについて、彼らがいなくなるのは寂しいと吐露しつつも、それぞれが移籍したクラブは各選手にとって最適な場所であったと言及している。

「移籍期限の最終日におけるメインの仕事は、何人かの選手のレンタル先を決めることだった。」

「ナット・フィリップスとネコ・ウィリアムズは、チームの大切なメンバーであり、今シーズンでもピッチ上で大きな役割を果たした。2人ともドレッシングルームでも非常に人気で、彼らがいなくなるのは寂しいね。」

「しかし、素晴らしい監督のいる素晴らしいクラブに移籍できたことは、2人にとって幸せ以外の何物でもない。だから、各クラブでうまく馴染み、シーズン終了まで2人がどれくらい成長するか楽しみだね。」

「昨年の夏以降、(ナット・)フィリップス周りには様々な憶測が飛び交い、大変な時期もあったと思うけど、彼は見事に自分だけに集中してきた。」

「彼は真のプロフェッショナルだ。サポーターの間で彼がカルト的な人気を誇っていることからも、人々が彼のことを素晴らしい人物だと見ていることは明らか。そして、彼について個人的に知る機会があれば、さらに素晴らしい人物であることに気づくだろう。」

「昨シーズン、クラブにとって最も困難な状況の中で、チャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した彼の功績は計り知れない。彼はレギュラーとしてプレーする資格があり、このレンタルがその助けとなることは間違いない。」

「移籍の背景はあまり知らないけど、プレミアリーグのクラブからも関心があったようだね。トップリーグでも十分活躍できるけど、ボーンマスは多くの理由で完璧な場所だと思う。」

「スコット・パーカーは優れた監督だ。選手としてはブライトンでプレーしているが、アダム・ララーナはボーンマスと密接なつながりがあり、(ナット・)フィリップスにとって完璧な場所だと言っていて、反論の余地はないね。」

「(ネコ・)ウィリアムズも同じような状況だった。彼は様々な大会で貢献してきたけど、やはりレギュラーとして試合に出ることが大事なんだ。ウェールズにとって貴重な戦力であり、ワールドカップ出場がまだ可能な状況の中で、できるだけ頻繁にピッチに立ちたいという強い思いがあるのは理解できる。フラムは勢いがあるし、ハリー・ウィルソンからはフラムとマルコ・シルバ監督について良い話ばかり聞いているよ。」

「両クラブとも順位表の上位で競い合っているため、自動昇格に向けて争う立場。レンタル中の選手だけを追いかけ、応援する私たちは中立の立場を保たなければならないだろうね。」

「しかし、ボーンマスとフラムは、2人の優秀な選手と若者を得た幸運に恵まれたね。」

LFC公式マッチデープログラム

ナット・フィリップスはすでに24歳であり、若手とは言いにくい年齢。まずはボーンマスで結果を残し、今年の夏に完全移籍を手に入れるのが直近の目標となるだろう。一方で、ネコ・ウィリアムズはリバプールでもまだチャンスはあり、急激な成長を成し遂げられれば、コナー・ブラッドリーからバックアップを取り返すことも可能だ。

いずれにしても、ともにチャンピオンシップで戦う両者。(ジョーダン・)ヘンダーソンも触れているように、来シーズンのプレミアリーグ昇格を懸けて戦うボーンマスとフラムには、昇格争い以外に注目しておきたい…

タイトルとURLをコピーしました