“ベンフィカ戦ではMOTM” リバプールDFコスタス・ツィミカス『CL制覇が僕の最大の夢』

スポンサーリンク
"MOTM against Benfica" Liverpool defender Costas Tsimikas: "Winning the CL is my biggest dream" タイトル

昨シーズンは新型コロナ感染や負傷に悩まされ、期待されていたほどスコットランド代表DFアンディ・ロバートソンのバックアップを務められなかったが、今季のリバプールDFコスタス・ツィミカスのパフォーマンスは他の強豪クラブであれば、レギュラーでもおかしくないプレーを披露し続けている。

攻守両面でのアグレッシブさで、相手の攻撃の芽を摘みながらも、前線への攻め上がりでチャンスに絡む。左足での正確なクロスは一級品。”Greek Scouser” としても地元民から愛され、ベンチを温める試合が多い中で、ここまでアシスト数 “6” は立派だ。

シーズン序盤には、昨シーズンからの疲れや負傷もあり、アンディ・ロバートソンのプレーレベルが上がらずに、レギュラーに推す声も多かった。CL準々決勝・ベンフィカ戦でも先発出場を果たした同選手は2アシストを記録し、MOTMに輝いた。

試合自体は同点であったが、合計スコアで上回り、準決勝進出を決めたリバプール。次なる相手は、バイエルン・ミュンヘンを破ったビジャレアルが待ち受ける。ベンフィカとの熾烈な撃ち合いを制した試合の後、ギリシャ代表DFはインタビューに応じ、CL制覇を夢に見ていると本音を語っている。

「勝利はできなかったけど、引き分けには満足している。」

「突破することができた。今後も目標を達成するため、努力を続けなければならないね。」

「2アシストはほんとにうれしい。日頃のハードワークが報われた。このチームのために、このファミリーのために、これからも一生懸命にプレーしていこうと思っている。ディフェンスで何度か悪い場面もあったけど、なんとか乗り切ったね。」

「チャンピオンズリーグで優勝することが、僕の最大の夢なんだ。」

「ここに来た理由のひとつでもある。絶対に成し遂げたい。本当に達成できるように、みんなと一緒に頑張る。僕らの仕事ぶりを見れば、それに値するだろうし、そこ目指して向かっていくよ。」

まだまだ過密日程が続くチームにおいて、ベンチメンバーの活躍も4冠を目指すクラブにとっては欠かせない存在になる。いまや安心して左サイドバックを任されられるコスタス・ツィミカスの存在もまた、さらなる高みを目指すチームにとって必要不可欠にになるだろう…

タイトル試合
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました