“マンチェスター・ユナイテッド戦で30分間プレー” 若干18歳DFルーク・チェンバーズが目標を明かす!

スポンサーリンク
"Play 30 minutes against Manchester United" - young 18-year-old defender Luke Chambers reveals his goalスター候補生

リバプールよりも北、ブラックプールやブラックバーンにも近いプレストンに生まれ、6歳からリバプール下部組織で成長を続ける若きDFルーク・チェンバーズ。2021年に初めてのプロ契約を結んだ同選手は、タイで行われたマンチェスター・ユナイテッドとのフレンドリーマッチでトップチームデビューを飾った。

安定したディフェンスに加えて、前線への攻め上がりを武器にアカデミーで評価を高め続け、30分間のみながらもプレシーズンでチャンスを得た。残念ながら、出場していた30分間で2失点を喫したリバプールだが、ルーク・チェンバーズは致命的なミスを犯さずに、一定のプレーぶりを見せ付けた。

ジョー・ゴメスやジョーダン・ヘンダーソンら主力を張る選手たちとのプレーは若手選手にとって、大きな励みとなる。同サイドバックも例外ではなく、良い学びの場所になったことを明確にしながらも、トップチーム帯同に向けて全力を尽くすことを約束している。

「それが僕の目標の一つで、できるだけトップチームの近くにいたいんだ。そして、チャンスを得たときには、できる限りそれをものにしたい。」

「望んでいた結果ではなかったが、選手も僕も多くの経験を積むことができたし、本当にいい勉強になった。」

「ファンのみんなと一緒に戦うのは新鮮なことだ。ベストの相手と対戦することは、僕が望んでいたことだよ。」

「自分にとって本当に良いテストになったと思うし、試合から多くのことを学んだ。」

「(トップチームでの試合は)もっとやりたいという気持ちにさせる。多くのファンの前で初めてプレーしたとき、いつも彼らの前でプレーしたいと思うようになる。そのためにも努力は欠かせないね。」

LFC公式サイト

左サイドバックを主戦場とするルーク・チェンバーズには、アンディ・ロバートソンやコスタス・ツィミカスだけではなく、オーウェン・ベックらとのポジション争いが待ち受ける。オーウェン・ベックにはローン移籍が近づいているが、将来的なライバルであることに変わりない。

今シーズンはさすがに厳しいが、アカデミーで確実な成長を見せ付け、来季以降でギリシャ代表DFに挑戦する存在になり得るだろうか…?

タイトルとURLをコピーしました