「2023年の夏には、クレイジーなレースになる!」 – イタリア人ジャーナリストがイングランド代表MF巡る争奪戦の激化を予想

スポンサーリンク
Liverpool midfielder Jordan Henderson praises national team midfielder Jude Bellingham移籍

ジョーダン・ヘンダーソンやジェームズ・ミルナー、チアゴ・アルカンタラらが30歳を超え、ファビーニョも30歳に近づいており、ミッドフィルダー陣の世代交代は避けられないリバプール。ナビ・ケイタやアレックス・オックスレイド=チェンバレンらが主力になりきれず、若手陣もまだ時間がかかる中、来夏にはトップクラスのミッドフィルダーを獲得すると言われている。

さまざまな選手の名前が挙がっているが、大本命はボルシア・ドルトムントに所属するイングランド代表MFジュード・ベリンガム。19歳にして代表の常連で、所属クラブでもレギュラーを張っている。昨シーズンは44試合6ゴール14アシストと、ブンデスリーガを代表する選手に成長した。

リバプールはこの夏における獲得可能性を探っていたものの、アーリング・ハーランドを放出した同じタイミングで主力を失いたくないドルトムントは、同選手の売却を完全否定。現時点でもその方針は変わらず、来夏には熾烈な争奪戦が展開されるだろうと、ファブリツィオ・ロマーノ氏が示唆している。

「多くのリバプールファンが、ドルトムントに所属するジュード・ベリンガムのことを、私に尋ねてくる。いつも言っているように、ボルシア・ドルトムントはこの夏にジュード・ベリンガムを売るつもりはない。」

「彼らはジュード・ベリンガムをキープしたく、プロジェクトの一部と考えている。そして、2023年の夏には多くのトップクラブが飛びつき、クレイジーなレースになることを知っている。多くのビッグクラブが参加し、アーリング・ハーランド争奪戦を思い起こさせることになるだろう。」

「数週間前、リバプールがジュード・ベリンガムとドルトムントに近い人物に電話をかけ、自分たちに飛び込むチャンスがあるかどうかを理解するために状況を問い合わせたのは事実だが、答えはノーだった。この夏、同選手は売却不可だ。しかし、リバプールは、多くのビッグクラブとともにジュード・ベリンガムを検討している。他のイングランドのクラブやスペインのクラブもジュード・ベリンガムに興味を持っている。」

Here We Go Podcast

ヨーロッパの強豪クラブとの競争を勝ち抜き、イングランド代表の未来を担う逸材を獲得できるのか。場合によっては、今夏ウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスに支払った金額よりも高額の移籍金が必要になり、資金的にも負担できるのかは疑問を残す。

それでも、大本命はジュード・ベリンガムであり、攻守両面でチームに貢献できる大柄なミッドフィルダーがアンフィールドでプレーする未来はやってくるのか…?

タイトルとURLをコピーしました