約35億円で獲得可能!? “バイエルンも関心” RBライプツィヒMFコンラート・ライマーの去就やいかに?

スポンサーリンク
Around 3.5 billion for the club! Bayern also interested in RB Leipzig midfielder Konrad Reimer's departure?移籍

アレックス・オックスレイド=チェンバレンやカーティス・ジョーンズがプレシーズンで負傷し、チアゴ・アルカンタラやナビ・ケイタも戦線を離脱。中盤の枚数に不安を抱えるリバプールは、新たなミッドフィルダー探しを始めている。

頻繁に報じられる候補は、ボルシア・ドルトムントMFジュード・ベリンガム。しかし、所属クラブにイングランド代表MF売却の意思はなく、今夏での獲得は非現実的。来夏には交渉に乗り出すと思われるが、いますぐリバプールに加入することはない。

その代役として、締切も迫る中で現実的なターゲットとしてメディアを賑わせるのが、RBライプツィヒでプレーするオーストリア代表MFコンラート・ライマー。この夏にも名前は報じられたが、具体的な行動はなく、バイエルン・ミュンヘンからの関心が伝えられている。

独『Kicker』によれば、RBライプツィヒとの契約が残り1年を切った同ミッドフィルダーにかかる移籍金を明かしており、2500万ポンド(約35億円)前後で獲得が可能なようだ。

レッドブル・ザルツブルクからRBRBライプツィヒに活躍の場を移したオーストリア代表MFは、同クラブで164試合に出場。11ゴール18アシストを記録しており、オーストリア代表としても24試合で出番を得ている。

中盤にエナジーをもたらせるタイプの選手でありつつも、ボールコントールにも長けている。巧みなドリブルで前線にボールを運ぶこともでき、年齢も25歳と現在のリバプールに欠けているプレースタイルを有している。

同じく候補に挙げられているウルブスMFルベン・ネヴェスは、同クラブの監督が残留を明言。2024年までと契約期間は決して長くないものの、コンラート・ライマーよりは高額の移籍金をふっかけられることだろう。

ユルゲン・クロップ監督は新ミッドフィルダー獲得に動くことを宣言しているが、あくまで適切な選手が獲得できる場合に限ると釘を刺している。はたして、リバプールは怪我人の穴を埋める戦力補強に成功するか、もしくは誰も迎え入れずに負傷者の復帰を我慢することになるのか…?

タイトルとURLをコピーしました