元リバプールMFディートマー・ハマンが古巣に推薦する選手は、ニューカッスルMFジョエリントン!

スポンサーリンク
Former Liverpool midfielder Dietmar Hamann recommends his old team to Newcastle midfielder Joel Ellington移籍

アレックス・オックスレイド=チェンバレンやチアゴ・アルカンタラ、ナビ・ケイタらが負傷でチームを離れており、ジョーダン・ヘンダーソンやジェームズ・ミルナーらベテラン選手やファビーニョへの負荷が高まっている。

カーティス・ジョーンズが練習に復帰し、ハーヴェイ・エリオットも好パフォーマンスを継続。少しずつ最悪の状況からは改善しているが、リバプールは新たなミッドフィルダー探しに動いている。

この夏に獲得不可能な大本命のイングランド代表MFジュード・ベリンガム以外に、ウルブスMFルベン・ネヴェスやRBライプツィヒMFコンラート・ライマーらの名前がメディアを賑わせる中、過去にはリバプールの中盤として活躍した元ドイツ代表ディートマー・ハマンが独自の視点で、オススメ選手を紹介。

「彼らは中盤からゴールを奪えていないし、それが彼らのアキレス腱だと思う。先週、ニューカッスル・ユナイテッド対マンチェスター・シティを見たが、あれを見ると、彼らには存在感のあるミッドフィルダーが必要だと思うね。」

「カーティス・ジョーンズ、ハーヴェイ・エリオット、チアゴ、みんな似たような選手だし、ニューカッスルMFジョエリントンのような選手は必要だろう。技術的な才能があり、体格も良く、素晴らしい攻撃性を持っている選手だ。」

「そのような選手こそ、彼らが求めている選手だと思う。移籍市場が残り少ない今、彼を獲得できるかどうかは、あまりわからない。もし、選手が必要なエリアがあるとすれば、それは中盤だろう。」

GGRECON

移籍市場の終了まで残り時間も少ない現時点で噂にすら上がっていないニューカッスルMF獲得はあり得ないだろう。フォワードからのコンバートが完璧に当たり、いまでは中盤に欠かせない選手に成長した同選手。

ジョーダン・ヘンダーソンの衰えが隠せず、中盤で当たりに強く、激しいプレッシングを行い続けられる選手が少なくなっている。そうした状況だけに、ブラジル人ミッドフィルダーは面白いオプションになる可能性もあるが、やはり獲得に動くとは思えず、ニューカッスルも放出するつもりは毛頭ない。

はたして、リバプールは新たなミッドフィルダー獲得を成立させられるだろうか…デッドラインまでニュースから片時も目が離せない…

タイトルとURLをコピーしました