ブライトンMFモイセス・カイセド獲得はカタールW杯後!?移籍市場の締切直前に “2度目” の獲得オファー提示か?

スポンサーリンク
Brighton midfielder Moisés Caicedo to be acquired after Qatar World Cup? 'Second' offer presented just before transfer window deadline?移籍

負傷離脱中のアレックス・オックスレイド=チェンバレンやナビ・ケイタは、2023年までの契約延長がまとまっておらず、来夏での退団が近づいている。ジェームズ・ミルナーとの1年契約も来年には切れ、ジョーダン・ヘンダーソンの衰えが目立ち始めた。

ハーヴェイ・エリオットの台頭で穴を埋めているが、毎試合のレギュラーにはもう1ランクのレベルアップが必要。カーティス・ジョーンズは伸び悩んでおり、スタメンの座を奪うには実力が不足している。

ファビーニョへの負担は多大で、年齢も30歳が視野に入ってきており、中盤の入れ替え時期が迫っている。大本命はドルトムントMFジュード・ベリンガムで、来夏の移籍市場で高額な金額を注ぎ込み、将来有望な若きミッドフィルダー獲得に乗り出すことは周知の事実。

ところが、1枚だけでは足りない。今夏にはユベントスから元ブラジル代表MFアルトゥールを加えたものの、短期的なオプション。”よほど” のパフォーマンスを見せれば買取オプション行使もあり得るが、現時点では確率は低いだろう。

そんな中盤の陣容において、ブライトンに所属するエクアドル代表MFモイセス・カイセドにも視線を向けている。この夏にも度々メディアを賑わせていたが、海外メディア『TERADEPORTES』によれば、リバプールは2度に渡り獲得オファーを提示し、カタールW杯以降でなければ交渉に応じないと拒絶されていたようだ。

豊富な運動量でピッチ全体を動き回れ、年齢もまだ20歳。好調ブライトンで先発の座を掴んでおり、攻守両面で存在感を発揮している。ジョーダン・ヘンダーソンよりも、ジョルジニオ・ワイナルドゥムにも近いプレースタイルで、その評価は急上昇中だ。

リバプールが依然として獲得に興味を示しており、早ければ来年の1月にでも動くかもしれない。ワールドカップでのパフォーマンスによっては評価額の大幅なアップが見込まれ、金額次第では別のターゲットが急浮上してくる可能性もある。

いずれにしても、ヘンダーソンやチアゴ、ファビーニョら主力組が “アラサー” で、一時代の終焉が刻一刻と近づいている。エリオットやファビオ・カルヴァーリョら次世代のエース候補らとリバプールの未来を作る、そのチーム中にエクアドル代表MFは含まれているのだろうか…?

タイトルとURLをコピーしました