カタールW杯でも大活躍…ガーナ代表MFモハメド・クドゥスを巡り、マージーサイドが勃発!?

スポンサーリンク
Great performance at the Qatar World Cup... Merseyside breaks out over Ghana midfielder Mohammed Kudus移籍

大本命であるイングランド代表MFジュード・ベリンガム獲得に乗り出すことは確定しているが、争奪戦に敗れた場合、さらには中盤の枚数を確保するため、ヨーロッパのみならず世界で躍動するミッドフィルダーをリストアップするリバプール。

モイセス・カイセド(ブライトン)やルベン・ネヴェス(ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ)らへの関心がこの夏から噂される中、カタールW杯に参加している国々のミッドフィルダーの名前も耐えず持ち上がっている。

蘭『De Telegraaf』マイク・フェルヴァイ記者によれば、リバプールはアヤックスに所属するガーナ代表MFモハメド・クドゥス獲得レースに参戦すると明言しており、同様に獲得を狙うエバートンと “マージーサイドダービー” が勃発するかもしれない。

中盤から前線にかけて、卓越したテクニックと自由自在の左足を駆使して、精度の高いパスや強烈なシュートを放つ。所属クラブでは今季21試合10ゴール2アシストを挙げ、カタールW杯では韓国代表相手に2ゴールを奪い、評価を高めている。

より攻撃的な選手であり、中盤の守備負担を軽減するタイプの選手ではない。ファビーニョやチアゴ・アルカンタラに代わるミッドフィルダーではなく、どちらかと言えば、今季限りでの退団が予想されるアレックス・オックスレイド=チェンバレンとの入れ替えに近い印象。

センターフォワードとしてプレーする機会も多く、将来的には元ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノのように、センターバックと対峙しつつもパス出しで攻撃を活性化するフォワードに成長するポテンシャルを秘めている。

はたして、ガーナ代表MFはプレミアリーグにステップアップするのだろうか…?

タイトルとURLをコピーしました