『多くのタイトルを獲得すること。』 – オランダ代表FWコーディ・ガクポが、リバプールでの抱負を語る!

スポンサーリンク
'To win as many titles as possible.' - Dutch international Cody Gakpo on his Liverpool aspirations!チーム

マンチェスター・ユナイテッド行きが濃厚と見られたオランダ代表FWコーディ・ガクポだが、急転直下でリバプール入りが決定。PSVアイントホーフェンが突如として発表したクラブ間合意のニュースは、世界中のリバプール・サポーターに驚きをもたらした。

前所属クラブではキャプテンを任され、今シーズン24試合13ゴール17アシストを決め、カタールW杯グループステージでは3試合連続弾を奪った同フォワードには、多大な期待がかかる。

自国からステップアップし、初めてのプレミアリーグ挑戦となる中、オランダ代表FWは新クラブと初インタビューに応じ、リバプールでの抱負を語りつつ、アンフィールドでのプレーを楽しみにしていると、入団までの裏側も含めて赤裸々に吐露している。

コーディ、リバプール・フットボール・クラブへようこそ!調子はどうですか?

「ありがとう!とても良い気分だよ!ここに来られて本当に興奮している。トレーニングを始めて、この素晴らしいクラブでプレーするのが楽しみです。」

ここ数日はどのように過ごしましたか?

「あっという間に終わってしまったし、クリスマスもあったから、本当に慌ただしかった。家族と一緒にいなければならないし、契約も成立しているので、飛行機にも乗らなければならないし、いろいろと大変だったよ。でも、いい家族が周りにいてくれて、落ち着いて過ごすことができた。それについては良かったね。」

月曜日にニュースが流れたとき、電話が鳴り止まなかったのでは…?

「本当にクレイジーだった。知り合いがみんな僕にメールをくれたから、携帯はそのとき本当に、本当に熱くなっていたよ。でも、みんなが良い言葉をかけてくれて、本当にありがたかったし、良かったね。」

なぜリバプールがふさわしいクラブなのでしょうか?

「自分が入って、自分の力を発揮し、チームが過去数年間にすでに達成した美しい瞬間をさらにもたらす手助けをするために、このクラブは僕にとって素晴らしいクラブだと思う。僕個人としても、ここで成長することは良いことだと思うし、ここにはたくさんの素晴らしい選手がいて、そこから多くのことを学べると思っている。」

今日、アクサ・トレーニングセンターに来て、見学して、メンバーに会って、リバプールへの移籍が少しは現実味を帯びてきてきましたか?

「そうだね。家にいるときは、自分がどこに行って、何が起こっているのか、あまり実感が湧かない。でも、今はここに来て、自分がどこにいて、これから何年後にどうなっていくのか、本当に実感しているよ。本当に楽しみなんだ。」

リバプールのファンは、ワールドカップのオランダ代表でのあなたのプレーを見ています。あなたのプレースタイルをどのように表現し、それがリバプールにどのようにフィットすると思いますか?

「ワールドカップでプレーしたときは、中央でプレーすることが多かったので、「偽9番」のような感じでプレーしていた。自分のスペースを探してボールをもらい、ドリブルや前線にボールをつなげようと思っていた。前に出て、相手にとって危険な状況を作り、チャンスを作り、ドリブルをし、アシストやゴールをする選手になりたい。それをチームにも持ち込めたらいいなと思っている。そのためにベストを尽くし、ビューティフルな時間をたくさん作りたいね。」

対戦相手として、アンフィールドでプレーする機会はありませんでした。リバプールの選手としてアンフィールドでプレーすることになりますが、どれくらい楽しみでしょうか?

「とても楽しみだね。スタジアムや雰囲気について、良い話をたくさん聞いている。待ち遠しいよ。」

リバプールとの契約について、どのような抱負をお持ちですか?

「チームとしてできるだけ多くのタイトルを獲得すること、良いパフォーマンスをすること、そしてチームとして、選手として何ができるかを世界に示すことだね。そして、個人的には、毎シーズン、より良い選手になるために成長し続けること。」

リバプールのファンは、SNSで温かく迎えています。そのようなファンに対して、どのような言葉をかけますか?

「みんなが僕を温かく迎えてくれることに本当に感謝しているし、スタジアムや街中でみんなに会えることを本当に楽しみにしている。本当にありがとう。」

タイトルとURLをコピーしました