全員での説得が実る!?海外ジャーナリストが、ジュード・ベリンガム争奪戦におけるリバプールの “優位性” を伝える!

スポンサーリンク
Persuasion by the whole team paid off! International journalists tell of Liverpool's 'dominance' in the battle for Jude Bellingham!移籍

今夏のトップターゲット、イングランド代表MFジュード・ベリンガム。ミッドフィルダー陣の世代交代を狙うリバプールは、カタールW杯でも大活躍の若き逸材を新たな時代の中心に据えるため、彼の家族を含めて交渉を続けている。

一部情報ではベリンガム本人や家族はアンフィールドでのプレーを希望しているとも報じられる中、サッカー情報に精通するスポーツジャーナリストのベン・ジェイコブズ氏は、リバプール・サポーターにさらなる歓喜をもたらすような話題を提供している。

「リバプールが彼の家族に対して計画があることを約束し、ユルゲン・クロップが介入し、選手も寄与してきた。」

「リバプールは莫大なお金を支払い、クラブ間合意を取り付ける準備を進めている。リバプールが自分たちが先頭を走っていると考えているだろう。」

GIVEMESPORT

レアル・マドリードやマンチェスター・シティら潤沢な資金を持つクラブと争奪戦を演じるリバプールに残された問題は、ボルシア・ドルトムントとの交渉。イングランド代表での史上最高額になるかもしれない移籍金が飛び交うことは避けられず、資金力に乏しいリバプールは圧倒的に不利な立場だ。

これまでは選手を売却して得た資金を新たな選手に投資してきた。最も成功した事例は、元ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョをバルセロナに高額で売却し、オランダ代表DFフィルジル・ファンダイクやブラジル代表GKアリソン・ベッカーを獲得した取引だろう。

オーナーのお金に頼らずに成長を遂げてきたリバプールだが、ナビ・ケイタやアレックス・オックスレイド=チェンバレン、南野拓実、ディボク・オリギらが大ヒットになれずに、20代後半でスタメンを張れる選手が少なく、結果的に30歳以上のベテランや20歳前後の若手に頼らざるを得ない状況に追い込まれている。

今シーズンは負傷者が多いこともあり、パフォーマンスが一向に安定しない。チャンピオンズリーグすらも危ぶまれる同クラブにとって、19歳ながらもブンデスリーガのみならず、世界の大舞台で躍動するミッドフィルダーは起爆剤になり得る。

是が非でもチームに加えたい人材だが、リバプールはプレミアリーグのライバルやスペイン王者との競争を制することができるのか…?

タイトルとURLをコピーしました