“直感” ではリバプール優位か…!?ジュード・ベリンガム争奪戦を巡り、『BILD TV』司会者が発言!

スポンサーリンク
It's time for a change... Former Liverpool midfielder advises old clubs to aim for Jude Bellingham!移籍

ジョーダン・ヘンダーソンやチアゴ・アルカンタラ、ジェームズ・ミルナー、ファビーニョら主力組がアラサーを迎え、シーズンを通してのフル稼働が難しくなり、全盛期のパフォーマンスから減退している選手も散見される。

喫緊の課題として、ミッドフィルダー陣の世代交代に取り組まなければならないリバプールは、イングランド代表MFジュード・ベリンガムにご執心。他には、モイセス・カイセド(ブライトン)やマテウス・ヌネス(ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ)らも獲得候補だ。

『BILD TV』司会者を務めるヴァレンティナ・マセリ氏は、イングランド代表ミッドフィルダーの移籍を巡る最新の情報を共有し、あくまで自身の直感とした上で、アンフィールドでプレー姿が見れるかもしれないと語った。

「我々の情報では、彼の父親がリバプールと話をしていて、ユルゲン・クロップはリバプールで彼と契約したいと思っているが、レアル・マドリードとマンチェスターシティも参戦している。」

「誰もが(ジュード・)ベリンガムのような選手を欲しがっていると思うが、この3チームはベリンガムを巡るこのポーカーで有力なチームだと思う。」

「そして、クロップ監督は “ベリンガムがお金で決めるならリバプールを選ばないだろうが、ベリンガムが伝統やゲームへの愛情を軸に、選手としての成長を決めるなら、彼はリバプールに決めるかもしれない。” と言っている。」 

「そして私の直感としては、もしかしたらリバプールで彼を見ることができるかもしれない。」

Sky Sports News

選手本人やその家族はリバプール移籍を希望しているとも言われる中、ボルシア・ドルトムントとの交渉が残されており、レアル・マドリードやマンチェスター・シティという豊富な資金力を持つメガクラブを倒さなければならない。

好きなクラブに移籍できるわけでもないサッカー界。今年の夏に火蓋を切るジュード・ベリンガム争奪戦は、どのクラブが制するのだろうか…?

タイトルとURLをコピーしました